トップへ戻る

アランズナチュラルドッグフードを柴犬に与えるメリットと評価!

アランズナチュラルドックフード

 

アランズナチュラルドックフードの特徴と柴犬が使うことの評価についてです。

 

コチラは株式会社レティシアンというところが輸入販売しているドックフードで、実は株式会社レティシアンは、その他にもヒット商品となるとペットフードをいくつか輸入販売している会社でもあります。

 

選び方が上手いと思うのですが、さすが輸入業から始まった会社だけの事はあると思います。

 

アランという、ゴールデンレトリーバーを飼っている人が、獣医師、栄養士、植物学者の強力を得て生み出されたものとされています。

 

今では日本だけではなく、世界中で販売されているドックフードになっていますが、どのような特徴があるのかについてです。

 

 

アランズナチュラルドッグフードの概要と特徴

 

アランズナチュラルドッグフードですが、コチラはイギリスが原産国になるペットフードになります。

 

イギリスってどうなの?という事ですが、これは何回かコチラのサイトでも説明していますけど、認められている添加物の量が少ない、ペットに対する法律が厳しい、このようなお国柄になってきます。

 

添加物というと、日本は350以上の添加物の使用が認められていますが、イギリスはたったの21品目になっています。

 

先進国の中で一番ペットが住みやすい環境になっている国になっています。

 

愛犬(柴犬)に対する気持ちは、どこの国の人も変わりはないと思いますけど、でも国全体がペットを守るための事をしていますので、そこはやっぱり日本とは違うことになります。

 

というところで生産されているのが、アランズナチュラルドッグフードになります。

 

実績はすでに数十年以上で、柴犬を含め、色々な犬種が使っていることになりますから、悪いものではない事がイメージできると思いますけど、このような特徴になっています。

 

 

  1. イギリス産の生ラム肉がベース
  2. 人も食べられる原材料
  3. 無添加のドックフード
  4. アレルゲンに気遣いされている

 

 

 

アランズナチュラルドッグフードは生ラム肉がベース

 

アランズナチュラルドッグフードは生ラム肉がベースになっています。

 

「生」という事が、ポイントになっていて、生を使うことで新鮮だという事が分かります。

 

これがすでに加工されたもので、熱を加えれたものであれば、味も風味も品質も変わってきます。

 

ラム肉は2年未満の子羊のことを言いますけど、2年以上の羊から比べると、味も風味もラム肉の方が美味しいとされています。

 

ラム肉はフランス料理でも良く使われる素材の一つですから、食べたことがある人は味を知っていると思います。

 

犬に必要な多くのタンパク質が含んでいて、さらにカロリーが低い肉質なので、愛犬の健康を考えるのに、とても良い肉になってきます。

 

カロリーとは、体にどのくらいのエネルギー量になるのか?という目安の数字の事になりますけど、これが高くなると、余分なエネルギーを体に溜め込んでしまうので、女性の敵でもある体重の増加につながる事になります。

 

体重が増えても何もなければ良いですが、増えることで健康への黄色信号が点灯しやすくなってきます。

 

犬の場合は、関節や背骨への負担、便、血糖の関係につながってくるとされています。

 

例えば愛する柴犬の体重が0.5kgが増えたとしても、そんなに気にならないと思いますが、これは人間目線のことであって、犬にすると相当体重が増えたことになります。

 

犬の1年と人間の1年が違うように、犬の平均以上の体重の増加は、体への負担が大きくなってきますので、柴犬の体重管理や健康への配慮にラム肉は役立ちます。

 

そしてカルニチンという成分が体脂肪を燃焼させる働きがあるので、人の体重管理をするのにも役立つお肉になります。

 

そしてラムはビタミンB群が多いので、柴犬に多い皮膚関係の病気やアトピーにも良いとされています。

 

そして肉の中でもアレルゲンが少ない肉でも知られています。

 

 

アランズナチュラルドッグフードは人も食べられる原材料

 

アランズナチュラルドッグフードは人も食べられる原材料とされています。

 

これはヒューマングレードとも呼ばれていますけど、ただどこまでいってもドックフードは、人の食用としての基準でないので、人の食生活に取り入れることは難しい事になります。

 

解釈としては少しぐいら食べても問題がないくらい安心、このような解釈になってきます。

 

そのぐらい人も受け付けるぐらいのドックフードになっていますよ!のような一つの表現、安心感のために使われる言葉にもなっています。

 

でも人も受け付けるぐらいの素材と完成度になっているわけですから、市販の安いドックフードから比べても全く違うことになります。

 

 

アランズナチュラルドックフードは無添加になっている

 

そしてコチラのドックフードは完全に無添加になっています

 

完全というのは、合成や人工の栄養素も使われていません。

 

普通は、熱で壊れる栄養素もあるあるので、後でビタミンやミネラルを合成のもので足して補うことも多いのですが、ナチュラルドックフードについては、完全にそのようなものも使われていません。

 

これは調理方法を変えることで可能で、乾燥や温度調整ができるオーブンで水分を飛ばす、または低温で煮込む等などをすることで、素材そのものに含まれる栄養素を限りなく壊すことがないようにすることができます。

 

そのため合成や人工の栄養素も使っていないので、天然の栄養素をたくさん取ることができます。

 

ただ合成や人工のものがダメという事ではなくて、原料は食品から作るので働きは一緒になっています。

 

でも手間と時間を必要とするので、これがドックフードの販売単価を押し上げることになりますけど、愛犬(柴犬)の事を考えると、そこは「二の次」と思う人の方が多いとは思います。

 

コチラの会社では、ちょっとした事ですけど、そこもこだわり持っていますので不安材料が少ないことになります。

 

 

アランズナチュラルドッグフードはアレルゲンに気遣いされている

 

そしてコチラのドックフードは、アレルゲンが少ない食材の選択がされています。

 

アレルゲンといと、柴犬のようなイメージもありますけど、結局はどの食品にも含まれている事になりますが、犬が反応しやすい小麦や大豆、トウモロコシ、牛肉や豚肉などを使っていないという意味になります。

 

でも上記で話した素材が悪いという事ではなくて、与えすぎると反応がでやすい傾向にあると言われているものです。

 

特にグルテンが多い穀物がそうですが、これは安いドックフードからきたなごりのような感じで、ドックフードの販売価格を下げるのに、安い穀物を使うことでカサを増すことができるので、販売価格を下げることができます。

 

そのグルテンが多い穀物を取りすぎることで、アレルギー反応を起こしやすいとされますが、少量であれば栄養価が高い素材になっています。

 

でも、アランズナチュラルドッグフードは、その犬が反応しやすい素材をなるべくさけているので、柴犬にとっては助かるものになります。

 

穀物不使用という意味とは、また違う意味で、アレルギーにつながりやすい食品は使っていないというドックフードになっています。

 

 

アランズナチュラルドックフードの原材料と成分

 

 

アランズナチュラルドックフードの原材料です。

 

生ラム肉(イギリス産)55%、玄米18%、全粒オーツ麦、ベジタブル・ハーブミックス、全粒大麦、テンサイ、亜麻仁、ビール酵母

 

びっくりするくらいスマートになっています!

 

最初は「どうして?」と、疑問がありましたが、人工や合成の栄養やビタミンが使われていないので、かなりスマートになっている事が分かります。

 

ビタミンやミネラルは、玄米が18%と多く使われていることで、これで補っている事が分かります。

 

素材から必要な栄養素を取るようになっているので、これだけスマートな仕上がりになっていますが、商品名のように「ナチュラル」になっています。

 

個人的には「ベジタブル・ハーブミックス」が気になっていますが、これは自然の保存料の変わりになっていると予想する事ができます。

 

生ラム肉が全体の55%なので、外国産のドックフードにしては、以外にもヘルシーになっていて、日本犬でもある柴犬に馴染みやすい素材を使っているので、原材料についてもマルです!

 

正確なレシピは企業秘密のようになっていますけど、考えれたドックフードだという事が分かります。

 

 

アランズナチュラルドックフードの成分

 

アランズナチュラルドックフードの成分です。

 

  • 粗たんぱく質:20.0%
  • 粗脂肪:12.5%
  • 粗灰分:7.0%
  • 粗繊維:6.0%
  • 水分:8.0%
  • エネルギー(100gあたり)/339kcal

 

 

 

アランズナチュラルドックフードの賞味期限

 

コチラのドックフードの賞味期限は製造から18ヵ月以内、開封をして1ヶ月ぐらいになっているので、市販のものから比べると短いと感じることもあるかもしれません。

 

でも無添加であることの証明にもなります。

 

 

アランズナチュラルドックフードは通販限定

 

そして、アランズナチュラルドックフードは、通販限定の販売になっています。

 

店舗で販売していない理由は、品質管理に心配があるようで、できるだけ新鮮なものを提供したからという理由になっています。

 

店舗に置くという事は、作り置きがたくさん必要になるので、それだけ作ってから日がたつ日数が長くなるので、品質に心配が出てくるという理由になっています。

 

そして注意したのが、何かの理由でコチラのドックフードを他の人に譲って、それが販売されているケースがあるようです。

 

安く引き取ってそれを販売するという、転売という方法で販売している人がいるので注意が必要だと思います。

 

特に転売が多いアマゾンなんかは注意が必要だと思います

 

口に入らないものであれば、まだ心配ありませんけど、やっぱり食べるものなので、販売元から取り寄せることが一番安心できます。

 

株式会社レティシアンさんが窓口になっているので、公式サイトから取り寄せることが安全です。

 

 

アランズナチュラルドックフードを使った感想

 

直径1pぐらいのドーナツの形になっているが特徴で、柴犬にとっては食べやすい大きさになっています。

 

逆に今のドックフードは、食べずらいものは、そんなにないかもしれません。

 

そして風味が肉の香りをストレートに感じることができると思います。

 

ハーブの香りもほんのりと感じることができますが、これは人によって感じ方が変わると思います。

 

人間でもすぐに分かる香りなので、犬であれば相当強く感じていると思います。

 

という事で、最初に1粒をあげてみるとペロリ、そして目安の分量をあげると、あっという間にペロリのような感じです。

 

柴2匹、食にうるさいトイプードル(小太郎)も問題なく食べたので、美味しかったようです。

 

量の目安は、袋の裏に記載されているので、それを目安にすると良いと思います。

 

 

アランズナチュラルドックフードの取り寄せ料金

 

アランズナチュラルドックフードの取り寄せ料金です。

 

料金(税抜) 送料
1ヶ月分 3,960円 640円
定期コース 3,564円 640円

 

その都度と、定期コースに分かれています。

 

アランズナチュラルドックフードは、2sの1種類だけで、これで子犬からシニア犬、そして全犬種対応になっています。

 

定期便には特典がついていて、10%オフ、届ける周期を選べる、休止や再開はいつでもOKとなっています。

 

そして1回の合計金額が1万以上の場合だけ無料となっています。

 

 

アランズナチュラルドックフードは柴犬の目やにはどう?

 

愛犬(柴犬)の目やにが多くなってきたという人もいると思いますが、コチラのドックフードは対策をする事に期待をすることはできます。

 

または涙やけなども気になる人もいると思いますが、目やには老化や老廃物的な事が原因ともされています。

 

例外で目のトラブルそのものが理由になることもありますけど、下記の方に詳しく目やにについてまとめています。

 

アランズナチュラルドックフードは柴犬の目やにを対策できる?!

 

 

アランズナチュラルドックフードの評価とまとめ

 

アランズナチュラルドックフードをまとめると、完全無添加、日本犬に馴染みやすい原材料の使用、また柴犬ためになるグルテンフリー、余計なものを使っていないという事で、高い評価です。

 

ベースがラム肉になっているので、これも見逃せないポイントになっていますけど、何よりも安全度が高いことに安心できます。

 

やっぱり犬の健康を最優先したドックフードは、どれでも良いものばかりですが、販売実績が長いものに関しては、より安心感があります。

 

アランズナチュラルドックフードは、そんな一つのドックフードです。

 

スポンサードリンク

トップへ戻る