トップへ戻る

アランズのナチュラルドックフードは柴犬の目やにや涙やけ対策はできる?

ナチュラルドックフード,目やに

 

柴犬を飼っている方から、アランズのナチュラルドックフードは、目やにや涙やけを対策できるの?という事で、この件についてです。

 

どの犬でも多少の目やには必ずでるものですが、これが多くなってくると話しが少し変わってきます。

 

多いという事は、何かが理由で多くなっているので、そこに何かしらの原因が必ずある事になります。

 

でも正常な目やにの場合もあるので、そこは自己判断しないで、かかりつけの動物病院で、一度診てもらう方が安心できると思います。

 

診てもらって原因も分かるかもしれませんし、またその方が安心ができると思います。

 

やはり検査が一番です。

 

そこを前提に今回の件について説明します。

 

 

アランズのナチュラルドックフードは目やに対策が可能!

 

アランズのナチュラルドックフードについてですが、結論からいうと目やにや涙やけの対策としては、期待ができる事になります。

 

目やの原因でいうと、このようになっています。

 

  • 老化の影響
  • 老廃物の増加

 

 

一般的なことでいうと、このようになっていますが、病気と関係してくるものでいうと、このような事が影響しています。

 

 

  • 細菌などの影響
  • 目に傷がつくことの影響
  • 目の乾燥による影響

 

 

病気以外でいうと、老化や老廃物などが原因とも言われていますが、老化であれば生理現象の1つなので、しょうがないところもあるかもしれません。

 

でも老廃物が多くなっているという事は、少しは今の食生活も関係してくることもあります。

 

そういう意味では、ドックフードを変えることに期待ができます。

 

また涙やけの場合は、涙が大量に出るなどの、目やにが多いのとは少し原因も変わってきますが、でも食生活が関わっていることも良くある事です。

 

というのは、ドックフードを変えることで良くなったというケースも多くあるからです。

 

 

なぜアランズのナチュラルドックフードは目やに対策になる

 

なぜアランズのナチュラルドックフードは、目やにの対策に期待ができるのか?という事ですが、後で足されているものが、ほとんどないからです。

 

ドックフードは、総合栄養食の意味を持つことが多いので、犬に必要な栄養素をしっかりと配合しなければいけません。

 

でも調理段階で、素材に含まれる栄養素を失うことがあります。

 

特にビタミンなどは熱に弱いので、このように壊れてしまったビタミンを後で足すことになります。

 

またミネラルについても同じことで、後で足すことが多くなってきます

 

後で足すといっても、ある植物から作る天然由来のビタミンやミネラルである事が多いので、さほど気にすることでもないのですが、でも元から素材に含まれている栄養素の方がより自然だと思います。

 

ナチュラルドックフードは、そのビタミンやミネラルが後で足されていなく、素材の栄養素ですべてまかなえるようにドックフードが作られています。

 

ここがちょっとだけ凄いところで、栄養素が壊れてしまう手前のギリギリの温度調整をし過熱殺菌をしているので、栄養素が壊れないようになっています。

 

そのため後で合成にしても天然の栄養素にしても足すことがなくフードを作ることができるようになっています。

 

そのため体の不純物としてなりにくい栄養素が豊富に含まれている事になるので、目やに対策に期待ができます。

 

また人間目線から、賞味期限を長くしていかないと商品が売れなくなってしまいますので、ドックフードには添加物が使用される事が多くなります。

 

その体の不純物としてなってしまう添加物も入っていなく無添加になっているので、より目やにや涙やけ対策になります。

 

詳しいことはまだ分かっていませんが、添加物も目やにが多くなる1つの原因だとも言われています。

 

でも粗末なフードから、このような良質なフードに変えることで、良くなるケースが多くありますので、案外、添加物などは、個人的にも影響しているのでは?とも感じています。

 

愛犬(柴犬)を含め、目やにや涙やけが良くなったという人は、やはり食生活を変えている人がほとんどだと思います。

 

 

アランズのナチュラルドックフードの原材料はこれだけしかない?

 

アランズのナチュラルドックフードの原材料を見ると、見慣れた人であれば少し驚く人の方が多いかもしれません。

 

  • 生ラム肉(イギリス産)55%
  • 玄米18%
  • 全粒オーツ麦
  • ベジタブル・ハーブミックス
  • 全粒大麦
  • テンサイ
  • 亜麻仁
  • ビール酵母

 

たったのこれだけです。

 

「手作りなの?」と、言いたくなるくらいスッキリとしています。

 

普通は、さらにビタミンやミネラル、また一部の添加物などが表示されるものですが、ここまでスッキリとしたドックフードも珍しいと思います。

 

素材と、素材の栄養素だけでまかなえるようになっているので、これ以上の良さは無いと思います。

 

やはり原材料が、ドックフードのすべてを語っているところがあります。

 

 

消化に良いタンパク質であることも目やに対策になる?

 

またアランズのナチュラルドックフードは、タンパク質についても良質なので、これが目やにや涙やけ対策に役立つと思います。

 

涙の成分には老廃物が混ざっていますが、それが多くなることで、目の周りのトラブルも増えることがあります。

 

その老廃物については、消化しきれなかったタンパク質とも言われてますが、それも影響しているとなると、やはり良質なタンパク質にしてあげることが愛犬(柴犬)のまめになると思います。

 

良質というのは、肉でいうとやはり生肉で、その他の素材についても新鮮なものという意味になってきます。

 

ドックフードに使われる肉は特に注意が必要で、中には日が絶って肉の質が落ちているもの、またはどこで処理されたのか分からない肉、そしてミール系の肉なども使われている事があります。

 

ミールは肉骨粉とも呼ばれていますが、良質なタンパク質でない事もあります。

 

チキンミール入りのドッグフードは危険?柴犬には大丈夫?

 

 

そのようなものであれば、老廃物になり得ることもあるかもしれませんけど、アランズのナチュラルドックフードは、生肉を使っているので、質が良い肉になっています。

 

さらに輸入ではなく、現地のラム肉を使っているので、新鮮であることが想像できます。

 

新鮮なうちに調理されるので、旨味も質も変わってくる事になります。

 

また柴犬に多い、皮膚トラブルの対策もできるようになっていますので、ここも評価できるところではないでしょうか。

 

 

ナチュラルドックフードの緑黄色野菜も目やに対策に良い!

 

そしてナチュラルドックフードには、緑黄色野菜も使われています。

 

ハーブと野菜と表示されているだけなので、何の野菜が使われているのかは分かりませんが、野菜で基本的に悪いものはありません。

 

ハーブや野菜というと、特にハーブなんかは、体に溜まった老廃物を外に排泄させるための働きがあるので、これが少しは目やに対策に役立つと思います。

 

どこまでプラスになるのかは別にしても、野菜は犬の体にも栄養素としては必要なものになってきます。

 

特に日本犬と野菜は相性が良いとされていますので、ここもちょっとした期待度になると思います。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る