トップへ戻る

チキンミール入りのドッグフードとは?危険性はあるの?

ニワトリ,チキンミール

 

柴犬を飼っている方らから「チキンミールは危険なの?」とか「意味は?」とか、このような声をたまに聞くのですが、実はドックフードの原材料に、このチキンミールという素材が使われている事があります。

 

ペットフードの懸念材料の1つとして認識されているところがあって、気遣いされているペットフードには、ほとんど使用されていませんけど、でも市販系のものでは使われていることが多い原材料の1つになっています。

 

ミールとは、元は穀物などを粗い粉末にしたことなどを指しますが、その粉末にしたチキンが危険だという人が多いことになりますけど、果たして本当にそうなのかについてまとめています。

 

 

ドックフードに含まれるチキンミールって何なの?

 

チキンミールとは、一般的に鶏肉では食用にならない部位を集めて粉末にした鶏の事を言います。

 

食用にならない鶏の部位でいうと、トサカや羽、骨、血、頭などの部位の事になります。

 

これをレンダリング工場というところに運ばれ、ミンチにされ、高温蒸気で調理される事になります。

 

この処理の過程で、軽い脂肪分が表面に浮いてくる事になりますが、それを動物性油脂として利用され、残った絞りカスは肉骨粉と呼ばれるものに分けられます。

 

この肉骨粉と呼ばれるのが「チキンミール」と呼ばれているものです。

 

レンダリング工場の「レンダリング」とは、アメリカの食加工業からきた言葉で、脂肪を溶かして質の良い油脂にするという意味になります。

 

このレンダリング工場は、鶏の最終地点とも呼ばれている工場でもありますが、他の牛や豚などについても、食用とならない部位はでてきますので、牛や豚などの最終地点にもなっています。

 

 

チキンミールは肥料などにも使われている!

 

そしてこのチキンミールや、牛のポークミールなどが家畜に与える餌や畑の肥料などに利用されているので、役立っていることになります。

 

ちなみに鶏の羽などは別処理がされ、フェザーミールと呼ばれるものになります。

 

食用にならない動物の部位は「お肉のリサイクル」のようなところがあり、最後まで命を大事する意味もありますので、そういった意味では役立っている事になります。

 

チキンミールは、良質な動物性たんぱく質を、家畜の餌などとしてリサイクルされるので、国で定めた「飼料安全法」に従って処理されていますが、それがペットフードなどにも使われている事になります。

 

  • 食用加工油脂
  • 工業用加工油脂
  • 家畜の餌
  • 有機質肥料
  • ペットフード

 

まとめるとレンダリング工場で処理された鶏肉は、上記のような事に利用されています。

 

イメージとしてはあまり良くありませんが、何かの役に立っているのは間違いない事で、ドックフードにも使われている事になります。

 

ただミールといっても、食用に近い質の良いミールもあるので、こればかりがすべてではありません。

 

 

なぜチキンミールは危険と言われるの?

 

「なぜチキンミールは危険と言われるの?」と言われるのかは、これはイメージがそうなっている事が多いことと、それと日本ではまだ聞いたことがありませんけど、アメリカなどでレンダリング工場がクローズアップされたことなどが影響されていると思います。

 

色々な動物の死骸を集めて、レンダリング工場で処理されていて、それが実際にペットフードなどに使用されている現実から危険と感じる人が多くなったところがあると思います。

 

ただこれはチキンミールとは、また別なことになりますが、そのような処理に衝撃を受けてしまい「何が混入しているのかが分からない」このようなところから危険のような話しが広まったことになります。

 

ミールは怖いというイメージです。

 

また、質が良い肉だけが必ず処理されているのかというと、そいう事でもない事からイメージが良くないと思います。

 

そして「食用にならないものを調理」この言葉も「危険」につながるような、言葉であることからイメージが先行してしまい、懸念されている事になります。

 

ただ実際は、人間が食用とならないという意味でのとらえ方になるだけになります。

 

これを例えば魚のミールであれば印象は変わると思います。

 

骨や頭にしても栄養があることがイメージできると思いますが、人間視点の食用としては成り立っていませんけど、でも魚の骨も頭も栄養価がある事が分かると思います。

 

ただ、その魚にしても鶏肉にしても、病気でないのか?新鮮なのか?など、ここにクエスチョンがでる事になるので、懸念される事になります。

 

 

チキンミール入りのドックフードは安全なの?

 

チキンミール入りのドックフードは安全なの?という事ですが、すでにそれを長く使ってきた経緯があるので、安全とも言えるかもしれません。

 

ただ、それよりも大事なことは、安全性よりもドックフードに使うこと自体に問題があると思っています。

 

ミールを使うことがダメという事ではなくて、使わなくてもドックフードを作ることができるという意味です。

 

ミールが安全だとしてもそれが愛犬にとって、どのようなメリットがあるのかです。

 

そこを明確にしているペットフードであれば、良質と言えると思います。

 

でも現実はドックフードの原材料に表示されているだけで、どのようなミールなのかが分かりません。

 

それであれば何のために使うのか?という事ですが、これはドックフード自体を安くするための人間目線での意味でしかないと思います。

 

良質な生肉を使うと単価が上がる、フードが高くなる、消費者は買わない、このような図式になってきます。

 

でもミールを使うことで単価を下げて量を増やせる、フードを安くする事ができますので、ここにチキンミールを使うメリットある事になります。

 

危険性というよりも、その考え方の方に問題があると思っています。

 

だからといって、皆が良質なドックフード買えるわけでもありません。

 

中にはギリギリの生活の中、愛犬を育てている方もいますので、やむを得ず安いフードにしている人も多くいますので、その人達の事を考えると、ドックフードの単価を下げることは無駄ではないと思います。

 

また、全く栄養がないわけではありませんので、プラスの面もあります。

 

 

チキンミール入りのドックフードを使うことのまとめ

 

チキンミール入りのドックフードを使うことは、どこの国で、どこの工場で、さらにどの部位が使われているのか明確になっていない事に不安感があるとまとめる事ができます。

 

危険というよりも透明化されていない事に問題があるのではないでしょうか。

 

チキンミールを使わなくてもドックフードを作ることは可能なので、個人的にはミールが入っていない方が安心して愛犬に与えることができると感じています。

 

また余談ですが、人間が食用としているスーパーで販売されているミートボールについても、似たようなところがあり、本来なら廃棄するようなところを添加物と上手く組み合わせて美味しいものとされて販売されています。

 

30種類以上の白い粉と、肉とも言えない端肉を使いミートボールができています。

 

コチラもどうかとは感じていますが、人間社会の食生活でも危険?と言わざるを得ないようなものが普通に販売されています。

 

ただ販売価格は安くできますから、その恩恵を感じている人は多いと思います。

 

でもそれを食べ続けることのメリットは何なのか?という事ですが、これも価格のメリットになります。

 

でも健康の面で食べ続けることは、プラスになるとは感じないと思います。

 

チキンミールを使うドックフードの位置は、そのような意味だと思います。

 

もしミール入りのフードを避けたいという事であれば、コチラの「柴犬にドックフードでおすすめをランキング!人気で高評価はコレ!」を参考にして下さい。

 

ミールは一切使われていない内容になっています。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る