トップへ戻る

ドックフードに含まれるさつまいもは柴犬にどんなメリットがある?

さつまいも,ドックフード

 

柴犬は甘いものが好きですし、自然の甘味が強い食材は喜んで食べることが多いでしょう。

 

さつまいもが好きな犬も多いですが、これは犬に食べさせても問題ない食材です。

 

米や小麦、トウモロコシといった穀物は安いドックフードによく使われていますが、これらは犬にとって消化しにくい食材であると言われています。

 

そこで穀物の代わりにさつまいもを使ったドックフードが増えてきているのです。

 

主成分は炭水化物ですが、他にも多くの栄養素が含まれているため、犬の健康をサポートしてくれるでしょう。

 

しかし、優れた栄養素が含まれている食材であっても与えすぎには注意が必要です。

 

また、犬に食べさせる際には焼いたものや蒸したものを与えるようにしましょう。

 

生の状態で与えるのは良くないため、熱を加えてから食べさせることがポイントです。

 

 

さつまいもは食物繊維が豊富なので腸内環境を整えてくれる

 

さつまいもにはさまざまな栄養素が含まれていますが、特に食物繊維が豊富に含まれていることで有名です。

 

食物繊維は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌を排出して腸内環境を改善するという働きがあります。

 

そのため便秘気味の柴犬が摂取することで便秘解消の効果が期待できるのです。

 

また、この食材にはビタミンCが豊富に含まれていることも特徴です。犬は体内でビタミンCを生成することができますが、ストレスを感じている犬や病気の犬はビタミンCが不足しやすくなります。

 

ビタミンCは免疫力を高める効果がありますし、老化防止にも役立つことが分かっています。

 

ビタミンCと同じ作用を持つビタミンEも豊富に含まれているため、相乗効果が期待できるのです。

 

さつまいもにはビタミンB6も多く含まれています。

 

ビタミンB6はタンパク質がエネルギーに変わる際に必要となる栄養素です。

 

タンパク質をメインとした犬の食事にはビタミンB6が不可欠となるため、積極的に摂取させるようにしましょう。

 

 

さつまいもはビタミンやミネラルが豊富に含まれている

 

さつまいもの主な栄養素は炭水化物ですが、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

 

ビタミンCやビタミンE、ビタミンB6、カリウム、銅、マンガンといった栄養素がバランスよく含まれていることが大きなメリットです。

 

また、栄養素が豊富なだけでなく、嗜好性が高いこともメリットと言えるでしょう。

 

甘くて美味しいので喜んで食べる柴犬が多いですし、適量を与えることで栄養バランスを整えることに繋がります。

 

さつまいもには食物繊維が含まれているため、腸内環境を整えるのに高い効果が期待できます。

 

便に含まれる水分が増えますし、腸の蠕動運動を活発にするという働きもあるため、便通を整えることができるでしょう。

 

犬が便の調子が悪いと感じたらこの食材の含まれるドッグフードやおやつを与えてみるのがおすすめです。

 

色素沈着の主な原因とされるメラニン色素の生成を抑える成分が含まれていることもポイントです。

 

これらの成分は短時間で調理することで流出を抑えることができるため、蒸し上げる調理方法がおすすめです。

 

 

さつまいもが原材料に入っているドックフードのデメリットはある?

 

犬の腸の長さは体長の5〜7倍と言われており、人間の腸よりも短いことが特徴です。

 

さつまいもには犬にとって消化しにくい食物繊維が多く含まれているため、与えすぎると消化不良を起こすこともあります。

 

また、シュウ酸が含まれていることもデメリットです。

 

シュウ酸が最も多く含まれているほうれん草と比べたらかなり少ないのですが、シュウ酸カルシウム結晶を作りやすい犬にはあまり与えない方が良いでしょう。

 

ほうれん草に含まれるシュウ酸は水にさらしたり加熱することで減らすことができますが、この食材に含まれるシュウ酸はなかなか減らすことはできません。さらに、カリウムも多く含まれています。

 

カリウムは腎臓からナトリウムと一緒に排出されますが、腎臓の機能が落ちている犬はカリウムが蓄積しやすいので注意しましょう。

 

食欲をアップさせる目的で腎臓病や心臓病の柴犬にさつまいもを与えたいという場合、与えすぎないようにすることが大切です。

 

ただドックフードには、そんなに含まれていませんので、適量ですからそんなに気にすることはありません。

 

普段おやつで愛犬(柴犬)に与えすぎないように注意するぐらいだと思います。

 

 

ドックフードに含まれるさつまいもの働きとまとめ

 

さつまいもはドックフードの原材料として使われていることもありますし、柴犬が食べても問題ない食材です。

 

具体的にフードで推薦できるものは、コチラの「柴犬にナチュロルのドックフードはどうなの?評価を知りたい!」です。

 

この食材についてまとめるとさまざまな栄養素が含まれていることが分かります。

 

特に食物繊維が豊富に含まれているため、便秘で悩んでいる犬に最適です。

 

他にも疲労回復に役立つビタミンCやビタミンEが含まれているため、免疫力の維持や老化防止にも役立つことが分かっています。

 

免疫力を高めることで病気になりにくい体を作ることができますし、柴犬が健康で長生きできるようにサポートすることができるのです。

 

日頃から免疫力を高めるためにもこの食材を与えてみると良いでしょう。

 

血圧を下げる働きがあるカリウムも多く含まれています。そのため高血圧や腎臓病といった病気の犬にもおすすめとなっています。

 

優れた栄養素がバランスよく含まれた食材であり、甘くて美味しいので好んで食べる犬も多いです。

 

さつまいもが使用されているドックフードについてチェックしてみましょう。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る