トップへ戻る

ドックフードに含まれる鶏肉は柴犬の健康のためになるの?

鶏肉の色々な部位の説明,ドックフード

 

 

鶏肉は比較的脂肪分が少なくたんぱく質が多いため、犬にとっては非常に栄養価の高いものとなっています。

 

豚肉や牛肉に比べ適している食べ物となっており、それから比べてると、柴犬にとっても良い食べ物となっているとは言えます。

 

柴犬は他の犬に比べ比較的アレルゲン物質に弱く、皮膚炎などにかかりやすいとされています。

 

そのためドックフードにアレルゲン物質が含まれている場合は注意をしなければなりません。

 

また毛づやが悪くなったり、体調に異変をきたすことがあるため注意をしなければなりませんが、チキンはたんぱく質が豊富で脂肪が少ないため非常に適したものとなっています。

 

他の犬種に比べ健康管理を行う上では適したとなっているので、積極的に与えたいものとなっているのです。

 

ただ鶏肉が一番柴犬にオススメかというと、そいう事でもありまりませんが、まずはどのようなメリットがあるのかです。

 

 

鶏肉は高たんぱくで脂肪が少ないことがメリットになる

 

鶏肉は高たんぱくで脂肪が少ないため、人間でもダイエット中の人や筋肉を増強したい人にとっては非常に適した食べ物と言われており、犬にとってもその効果の高いものとなっているため、チキンを主成分としたドックフードは非常に多くなっています

 

犬が人間に比べてコレステロールに弱い動物となっていることから豚肉や牛肉は適量を与えないとすぐに太り過ぎとなってしまったり、内臓に負担をかけてしまうことになるため注意をしなければならないのです。

 

特に柴犬はコレステロールが高い肉は、苦手としています。

 

その点鶏肉は、牛肉や豚肉などから比べると適したものとなっており、、柴犬などのアレルゲン物質に弱い犬種に対しても適したものとなっていることが知られています。

 

柴犬の食事に関しては脂肪分の高い食べ物は非常に気をつけなければなりません。

 

犬は豚肉や牛肉は喜んで食べる傾向もありますが与えすぎは決して良くないため、これらの肉よりもチキンを原材料としたドックフードが非常に適しており、内臓にも負担をかけずに食べることができるものです。

 

 

鶏肉は柴犬の皮膚や粘膜の強化をするメリットもある

 

鶏肉の特徴はたんぱく質のほか様々な栄養素が豊富に含まれており、成長期にも非常に適したものとなっています。

 

柴犬は皮膚が弱いためこれを強化してあげるように注意することが必要ですが、鶏肉に含まれるたんぱく質はその皮膚の強化に非常に役立つ栄養素となっているのです。

 

良質の鶏肉を材料としたドックフードは柴犬の成長に非常によく、また体調管理にも適したものとなっているため適量を積極的に与えることが重要となります。

 

犬は人間と異なり様々な食べ物を選んで食べることができないため、総合的に栄養の高いものを飼い主が選ぶ必要があり、鶏肉を含んだドックフードは成長に適したものとなっているのです。

 

体調管理をしっかりと行い健康な状態で育てるためには高たんぱくで低カロリーの鶏肉が非常に適しており、健康に配慮したフードには積極的に利用されることが多いものとなっています。

 

これは犬全般に言えることで、体調管理をしやすくする要素も含んでいるため良いものとなっているのです。

 

 

鶏肉の皮は柴犬には大丈夫なの?

 

鶏肉の皮を犬に与えてはいけないのではないかと考えている人も多いのですが、そのような事はありません。

 

むしろ様々な栄養素を豊富に含んでおり、毛艶を良くし皮膚を強くするコラーゲンも豊富に含んでいるため積極的にフード等に含まれることが良いのです。

 

実際に河野部分をフードの原材料として含んでいるものも多く、柴犬には非常に適したものとなっているのが特徴です。

 

ただしこの部分は脂肪を多く含んでいるので、食べ過ぎには注意をしなければなりません。

 

フードに含まれる場合には脂肪分を除去し栄養素だけを取り込んだものが多いため安心してあった得ることができますが、自分で処理し与える場合には食べ過ぎに注意をすることが重要で、肥満などの元となってしまう方が内臓などにトラブルを発生させることもあるので注意をしなければならないのです。

 

適量を守って効果的に与えることで、愛犬(柴犬)にとってもフードの食感が変わり積極的に摂取するようになるため非常に便利です。

 

 

鶏肉がベースのドックフードはミールに注意する!

 

鶏肉がベースのドックフードが、柴犬にとってデメリットになるところは、やはりミールの存在だと思います。

 

鶏肉ミールとは、鶏の色々な部位を細かく粉末にしたもので、粉末にすることで、紛らわしいものが混ざっていることが多いと思います。

 

羽やトサカ、また人間が食べられない端っこのあまりなど、捨てるようなところを粉末にしてしまいドックフードの単価を安くすることができます

 

やはり需要がない部位は、捨てることになりますが、捨てるような部位は、やはり安く仕入れることができます。

 

そのようなものを集めて粉末にしてしまえば、何が入っているのかが分かりません。

 

そのため鶏肉は良くても、やはり鶏肉ミールには注意しなければいけません。

 

原材料の見方が分からない人はここを見逃してしまい、愛犬(柴犬)に与えているケースがあります。

 

鶏肉ミールをたくさん使うことで、ドックフードの単価は安くなりますけど、でも健康の面でどうなのかは分からないところがあります。

 

原材料をしっかりと確認することが大事ですが、ただここで注意してほしいのは、すべての鶏肉のミールが悪いわけでもありません。

 

中には栄養になる、しっかりとした良質な部位を使っていることもあります。

 

すべてミールがダメという事ではなくて、原材料をしっかりと見ることが大事です。

 

また原材料であなくて、公式サイトに記載している事も多くありますので、そういったところの確認も必要です。

 

何が使わているのかの確認をした方が安心できると思います。

 

質の悪いミールもあれば、質の高いミールもありますので、そこの確認は必要になります。

 

ミールについては「チキンミール入りのドッグフードは危険?柴犬には大丈夫?」を見ると、危険なのかどうの判断がつくと思います。

 

 

鶏肉が使われるドックフードのメリットまとめ

 

鶏肉は高たんぱくで低脂肪の食品であるため、犬に対して必要な栄養素が豊富に含まれていると多くのドックフードの原材料として利用されています。

 

皮膚が弱く疾患などを発症しやすい柴犬にも適したものとなっているため、柴犬向けのフードによく含まれるものとなっているのです。

 

そして、米や穀物類を含むドックフードは脂肪が少ないため太り過ぎの場合には非常に高い効果を発揮する傾向がありますが、消化管の短い犬にとっては内臓に負担をかけてしまうことも多いため与えすぎないようにすることが必要です。

 

でも柴犬の場合は穀物の消化を得意としている犬種なので、そんなに気にすることはありません。

 

与えすぎだけには注意するだけです。

 

ちなみチキンベースのにフードでおすすめできるものは「柴犬にカナガンのドックフードはどう?リアルな評価と特徴まとめ」コチラだと思います。

 

一方鶏肉を主成分としたものの場合には犬の消化器官に適していることから体に負担をかけずに食べることができ必要な栄養素を十分に摂取することができます。

 

加えて脂肪が少ないことから健康な状態を維持することも容易になるためフードに含むには好都合の原材料となっているのです。

 

最近では健康考え摂取しやすいように加工したものも販売されており、年齢や体調に合わせて選ぶこともできるようになっているのがポイントです。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る