トップへ戻る

柴犬に魚のドックフードを与えるメリットやデメリットはなに?

魚,ドックフード,柴犬

 

柴犬をご自宅で飼っているという方はとても多いです。

 

中型犬に該当する犬種のため、健康な体を維持するためにも犬種にあった適切なドックフードを選びたいと考える方が増えてきています。

 

そこでこの犬種に必要とされる栄養素が豊富に含まれているエサを探しているという方におすすめなのが、魚を原材料としたタイプが挙げられます。

 

魚を利用したドックフードの概要としては、カルシウム、たんぱく質、タウリン、ω-3脂肪酸といった犬の必要とされる栄養素が豊富に配合されている特徴を持っています。

 

一般的に犬用の餌というと、肉類をベースにしたタイプが多いとされていますが、高たんぱく質でいて低カロリー、消化も良いことからどのような犬種でも問題なく与えることが出来ますし、何よりDHAとEPAをバランスよく摂取することが出来る特徴を持っているので、健康に必要とされる栄養素を上手く餌で補強することが出来る特徴があります。

 

 

柴犬に魚のドックフードを与えるメリットは?

 

柴犬に与えるドックフードは、様々なメーカーより販売されているので、初めて購入するという方はどの製品を選べばいいのか、ベースとなる餌には肉や魚どちらを選べばいいのか悩んでしまう方は多いです。

 

そこで胃腸の弱い傾向にある犬であったり、高齢犬でも問題なく与えることが出来る餌を探しているなら、原材料に魚を使ったタイプを利用することをおすすめします。

 

犬の体を健康に保つために必要な栄養素を多く含んでおり、カルシウムなら骨や歯を丈夫にすることが出来る上に、日々のストレスを解消するメリットがあります。

 

たんぱく質には活発な犬種に必要な、体の働きを良くする効果がありますし、タウリンには動脈硬化や心疾患、胆石を防ぐといった健康に保つための働きをする成分も豊富です。

 

ω-3脂肪酸は犬の皮膚を健康的に保つ事ができる働きがあり、毛並みと肌のコンディションを整えることにも期待ができます。

 

このω-3脂肪酸の代表例とされるEPAとDHAは、血栓や抗炎関係、高血圧を対策する働きがああり、また脳の発達促進や痴呆を対策したり、視力低下といった老化に伴う体のトラブルも抑えることに期待ができるなど、栄養素が豊富なことが注目されています。

 

柴犬を含め日本犬は魚を主食にしてきた犬種だから!

 

そして柴犬に魚が配合しているドックフードを与えるメリットとしては、日本犬に合うという事も理由の1つです。

 

何千年も前から日本で育ってきた柴犬は、日本にある食品を長く食べてきた犬種になりますので、魚との相性がとても良くなっています。

 

日本人が昔から食べてきたものが元々の主食ですから、そういった理由でもオススメできます。

 

ただ最近は、日本人も欧米化してきて肉が中心になってきていますけど、柴犬は脂が多い肉は苦手としてるところがあります。

 

またそれが原因で皮膚トラブルが増えたとも言われているので、あまり高カロリーな肉は、どちらにしてもオススメできません。

 

 

 

柴犬に魚のドックフードを与えるデメリット

 

魚を原材料に使用しているドックフードの特徴として、最近注目されている栄養素の一つであるω-3脂肪酸に含まれるDHAやEPAには、柴犬の健康効果をアップさせることが出来る特徴があるので、特に青魚を利用した餌を選ぶようにしている方は多いです。

 

ただ一般的に市販されている餌であれば特に問題なく与えることが出来ますが、実際に与える上で注意しなくてはいけない点やデメリットも把握しておく必要があります。

 

まず自宅で手作りで餌を用意している場合、寄生虫に気をつけることが必要となります。

 

これは手作りに限ったことですが、手作りフードの場合はあまりオススメする事ができません。

 

特に生のままは犬にとって大変危険なので必ず火を通して、骨を外し食べやすいようにほぐしてあげることがポイントなので、どちらにしてもドックフードにすることで安心できます。

 

また肉を原材料とする餌に比べて、嗜好性が高くないため肉に比べて食いつきが良くなかったり腹持ちが良くないといった注意点があります。

 

肉から比べて風味が弱いといった方が分かりやすいかもしれません。

 

せっかく用意しても飼い犬がきちんと食べてくれない場合は、諦めて他のフードを探すようにしましょう。

 

 

柴犬におすすめできる代表的な魚のドックフードは?

 

市販で販売されている魚を利用したドックフードで代表的だとされているのがフィッシュ4ドッグ・ファイネストシーリーズ 、ニュートロ・フィッシュファースト、アカナ・パシフィカドッグなどがあります。

 

フィッシュ4ドッグ・ファイネストシーリーズ はフィッシュドッグフードの定番シリーズで、子犬から老犬まで豊富な種類の餌が販売されており、どんな年齢の柴犬にも対応することが出来る特徴を持っています。

 

低GI値で高タンパクに優れており、毎日与えることで血糖値の上昇を緩やかにする働きがあったり、体重管理にも効果的だと言われています

 

無添加仕様なのも健康に気を使っている飼い犬におすすめです。

 

ニュートロ・フィッシュファーストは新鮮な材料を主原料としており、アレルゲンが発生しにくい処方で作られています。玄米とオートミールを配合することで腸内環境を整えてくれる効果もあります。

 

リノール酸やひまわり油は皮膚の健康を整える事は可能です。

 

アカナ・パシフィカドッグは、穀物ゼロで人間でも食べることが出来るといった品質の高さが特徴です。

 

ニシンやサーモン、カレイといった種類を主原料としており、低アレルゲンの餌としても注目されています。

 

ただ一押しということであれば、やはりコチラの「オリジンのドックフードが一押し」だと思います。

 

魚も肉も同時に配合されているもので、色々なタンパク質を取ることができます。

 

 

柴犬に魚のドックフードを与えるデメリットとメリットまとめ

 

柴犬は中型犬で活発的な犬種ということもあり、健康的に過ごすためにも毎日のドックフードはこだわりたいと考える飼い主の方はとても多いです。

 

肉を原材料に仕様する餌も多いですが、近年注目されているω-3脂肪酸などが豊富に配合されている魚を原材料にしたタイプが注目されています。

 

魚を利用した柴犬用のドックフードのメリットとデメリットをまとめると、フィッシュフードは何より低カロリーで高タンパクなので、子犬から老犬まで問題なく与えることが出来る特徴があります。

 

また今話題のω-3脂肪酸に含まれるEPAはとDHAとが、飼い犬の皮膚や被毛のコンディションを対策する働きや抗炎症作用や血栓を対策したり、高血圧を防ぐといった健康に欠かせない様々な栄養素が配合されています。

 

手作りで餌を作る場合は、寄生虫や骨に気をつける必要がありますし、犬にとって嗜好性が高くない傾向にあるため、食いつきが良くないといったデメリットが挙げられますが、あまりそういった事と無関係であれば、特に問題はないと思います。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る