トップへ戻る

柴犬に穀物が入ったドックフードは辞めた方が良いのか知りたい

お米,穀物,ドックフード,柴犬

 

柴犬は穀物が配合されたドックフードは避けた方が良いの?辞めた方が良いの?という事で、食物と犬の関係についてです。

 

なぜこのような声があるのか?ですが、理由はどこかで犬は穀物が消化できない、または食べるとアレルゲンの原因になる、犬の健康に良くない、このような事からの声になっています。

 

詳しく聞いてみると「犬の祖先はオオカミで肉食動物、肉を中心してきたので穀物の消化を苦手としている体になっている、そのため草食動物から比べると腸が短い、特に柴犬は食物アレルギーの原因にもなる、だから与えない方が良い」

 

このようなことが影響しているようです。

 

 

柴犬に穀物を与えない方が良いのは本当なの?

 

柴犬は穀物を与えない方が健康に良いのか?という事ですが、これはケースバイケースという事になります。

 

穀物というのは分かりやすくすると、デンプンを含む種を食用にする食物の総称になっています。

 

種にデンプン質が含まれている食物、このような食物を指しています。

 

小麦、米、大麦、トウモロコシ、マメ、キビなどです。

 

でも広い意味でいうと、デンプン質が含んでいるもの全般になるので、じゃがいもなどもすべて含まれることになります。

 

そして穀物が懸念されることを少し整理すると、このようになります。

 

  • 消化に悪い
  • アレルギーの原因になる

 

穀物は消化に悪いので愛犬には与えない方が良い?

 

穀物は消化に悪いので犬には与えない方が良いのか?という事ですが、生の場合は消化に悪いので与えない方が良いという事になります。

 

でも人間も消化に良くありません。

 

人間も犬も穀物をそのまま生で食べることは良くないという事です。

 

なぜ消化に悪いのか?という事ですが、この食物に含まれているデンプンが生の場合は大きいために、それを細かくするのに大変な作業となるからです。

 

そのため生でそのまま米を与える、マメを与えるなどをすると消化の負担になるので便の調子も悪くなってしまう事になります。

 

でも水と熱を与えると話しは変わってきます。

 

その消化に悪いデンプンも観ずと熱によって規則性を失いほぐれる事になるので、消化に良いものになってきます。

 

お米もそのままだと消化が大変ですが、熱と水の働きで、その消化に悪いデンプンがバラバラになるので消化が良くなります。

 

犬も人間も安心して食べることができるようになります。

 

ただ犬は草食動物のような体になっていないので、熱を水を加えて食べやすくなったとしても、与えすぎには注意という事になります。

 

ただドックフードの場合は、調理過程でかなり細かくしているので、さらに消化が良いものになっています。

 

手作りフードの場合も、水煮した後にさらにミキサーでほどよく細かくした方が愛犬(柴犬)のためになります。

 

そして適量であれば問題はありません。

 

 

穀物はアレルギーの原因になるので与えない方が良い?

 

穀物はアレルギーの原因になるので与えない方が良いのか?という事ですが、これは違います。

 

柴犬はアレルゲンに反応しやすい犬種ですが、何に反応するのかは獣医師でも分かりません。

 

食物のアレルゲンというとタンパク質が原因ですが、すべての肉にも野菜にも穀物にもタンパク質は含まれるので、すべての食物に注意が必要なことになります。

 

今回はダニやカビ、花粉などのアレルゲンについては省いていますけど、すべての食物には犬の皮膚トラブル、または痒みの原因になる物質がすべて含まれているという事になります。

 

ただ一般で言われているのは、チキンや牛や豚やラム肉、小麦や大豆や乳製品、このようなものが反応しやすいのでは?と言われているだけです。

 

アレルゲンについては、全体的なことを見ていかなければいけませんので、小麦や大豆などの穀物以外に、上記のような肉などにも注意が必要だということになります。

 

でもほんとどのドックフードには、上記のような素材が使われていることがほどんどです。

 

穀物はダメ!といつつアレルギーになりやすいと予想されているチキン、豚や牛、ラム肉どがたくさん使われています。

 

ただ、それを言ってしまうと、手作りフードにしていかないと、愛犬の健康を維持することができなくなります。

 

何でも栄養にすることができる体作りが愛犬(柴犬)のためになると思います。

 

例外的なチョコレートや玉ねぎなどは除いてです。

 

 

ではどのようなドックフードが柴犬に合っているの?

 

ではどのようなドックフードが柴犬に合っているのか?ですが、肉とその他の配合率です。

 

チキンがダメ、穀物がダメという事ではなくて、そのバランスと素材の新鮮さになります。

 

肉ベースで後はその他の素材

 

これが理想ではないでしょうか。

 

犬は肉の消化が得意、穀物やその他は少し不得意、でも適量であれば健康のためになる、このようなことから肉ベースで、後は適量になっていることが好ましいと思います。

 

野生の肉食動物も、肉ばかりを食しているわけでもなく、草食動物の食べてきたその他の食物も取っているので栄養の偏りがない事になります。

 

これが肉だけ食べて内臓などは残すとなると、栄養の偏りが起こることになります。

 

ただ柴犬と相性が良いとされているのは、やはり低カロリーベースの肉だと言われています。

 

これは柴犬が日本で長く育ってきたため、日本食に適した体になっているからだと言われています。

 

長い間、魚や穀物を主に食べてきた犬種になります。

 

犬のために食事を専用に用意していた!という事ではなくて、人間のおこぼれをもらって長く日本で育ってきた、そのような犬種になります。

 

そのため魚との相性も良いし、ヘルシーな肉とも相性が良いとされています。
逆に高カロリーなものになると、ちょっと苦手としているところもあります。

 

後は新鮮さです。

 

肉にしても魚にしても生を使用している、そのような新鮮なフードがおすすめです。

 

そしてできるだけ、後で栄養素が足されていないドックフードだとなお良いと思います。

 

後で足されているフードというのは、後でビタミンやミネラルなどが添加されているフードのことになります。

 

できるだけ調理の段階で栄養素を壊さないで作られているフードの方が、自然の栄養をそのまま取ることができますので、そこに気遣いされたフードが最高という事になります。

 

そして無添加になっていることです。

 

まとめるとこのようになります。

 

  • 低カロリーの肉や魚ベース
  • 素材が新鮮である
  • 適量に穀物やその他の素材が使われている
  • 調理にこだわりがある
  • 添加物が使用されていない

 

 

このようなドックフードが柴犬におすすめできると思います。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る