トップへ戻る

柴犬に国産で無添加のドックフードで安心できるものを紹介

柴犬,国産,無添加

 

柴犬に国産で無添加のドックフードでおすすめできるものについてまとめています。

 

今は外国産のフードも多く、添加物が使っていないフードとなると、その外国産と国産のものを指してしまう事になります。

 

これは別に悪いことでもありませんけど、中には「日本国のものが良い!」または「その方が安心できる!」という人も多くいます。

 

もちろん愛犬(柴犬)の健康の事を考えてるからこその理由だと思います。

 

安いフードから高いフードと色々ありますが、今もちょっと残念な粗悪なフードも日本で販売されていることは確かな事です。

 

そのため日本のものは、あまり評判が良くない事も多いのですが、でもそんな中でも良いものはあるものです。

 

という事で今回は、国産でさらに無添加のドックフードで、柴犬にオススメできるものを紹介します。

 

 

柴犬に国産で無添加のドックフードでおすすめをまとめ

 

柴犬におすすめできる国産で無添加のドックフードのまとめです。

 

オススメ順に紹介していますけど、基本的にどれも良質なもを限定しています。

 

その理由なども詳細などにまとめているので、合わせて参考にして下さい。

 

 

みらいのドックフード「長寿サポート」

みらいのドックフード,長寿サポート

販売会社 自然の森製薬株式会社
原産国 日本
原材料のベース 鹿・鶏・馬・魚
特徴 無添加・グルテンフリー
容量 1s
価格 4,000円~

国産の無添加、みらいのドックフード「長寿サポート」ですが、コチラは今までのドックフードとは違い、薬膳といって、原材料そのものが今までのものと全く違い、体を健康にするための働きが強いものだけを集めて作った内容になっています。

 

犬に必要な栄養やカロリーなども細かに計算されていて、最初から最後までとても緻密になっています。

 

現役の女性獣医師の方が、こだわりを持って作ったものになりますが、東洋の健康の考え方を取り入れているので、日本犬でもある柴犬と、とても相性が良いものになっています。

 

愛犬がどうすればこの先、病気をしないで元気でいられるのか?

 

そこを徹底的に追求されたレベルの高いドックフードになっています。

 

犬に多い健康トラブルを予測して中身が構成されているので、すでに健康に不安がある柴犬のためにもなるのです。

 

そして他との違いは、お口の中の対策までする事が、できるようになっている事で、今までにない発想のフードになっています!

 

 

 

 

デイリースタイル鹿肉ドックフード!ベニソン

販売会社 株式会社エテルノ
原産国 日本
原材料のベース 鹿肉
特徴 無添加・子犬・成犬・シニア犬用有り
容量 1s
価格 3,686円

コチラは鹿肉がベースの国産の無添加のドックフードで「デイリースタイル鹿肉ドックフード!ベニソン」といいます。

 

鹿に強いこだわりがあるドックフードで、犬の祖先はオオカミで、その祖先が食べてきたものが最も犬のためになる!という事で、新鮮な鹿が使われています。

 

ただオオカミは、肉だけを食べてきたのではなくて、草食動物丸ごとを食べていたので、その動物が食べてきた栄養も取れるようにと、そこも考慮されていて中身が構成されています。

 

柴犬と言えば、最もオオカミに近いとされていますが、日本犬は高カロリーの肉を苦手としていて、鹿肉のような低カロリーの肉と相性が良くなっています。

 

日本で長く暮らしてきたので、なおさらそうなのですが、コチラの方も現役の男性獣医師の方で、一度に診られる頭数に限界を感じ、今回のドックフードを開発した流れになっています!

 

鹿肉については手業で職人が仕込みをしているので、新鮮で手作りに近いドックフードになっています。

 

 

 

 

馬肉自然づくり

馬肉自然づくり,ドックフード

販売会社 株式会社利他フーズ
原産国 日本
原材料のベース 馬肉
特徴 無添加・グルテンフリー
容量 1s
価格 2,400円〜

コチラは無添加で、馬がベースとなっている国産のドックフードで「馬肉自然づくり」といいます。

 

馬というと、低カロリーの高タンパク質で、柴犬と相性の良い肉になっています。

 

馬は、健康に良い部位が多く、ちょっと有名なものであれば「プラセンタ」なんかも聞いたことがある女性の方は多いと思いますが、他の動物は、ちょっと違う要素を持っていることが特徴です。

 

脂にしても、青魚に多い「不飽和脂肪酸」という栄養素が多く、体をキレイにしてくれる脂質をたくさん持っている事が特徴です。

 

体重管理にも良い肉がベースとなっていて、そして後で足されているものが何もない事も特徴になっています。

 

普通は調理の段階で壊れる栄養素を後で足すことが多いのですが、コチラについては、それが一切なく、素材に含まれるビタミンやミネラルをダイレクトに取ることができるようになっています。

 

そして柴犬と相性の良い、日本でもお馴染みの素材がたくさん使われていますので、コチラもおすすめです!

 

 

 

 

ナチュロル

ナチュロル,ドックフード

販売会社 楽しい製薬株式会社
原産国 日本
原材料のベース 牛・鶏・馬・魚
特徴 無添加・グレインフリー
容量 30g〜
価格 100円〜

コチラは国産の無添加、そしてグルテンフリーのグルテンフリーとなっているドックフードで、ナチュロルといいます。

 

グルテンフリーとは、小麦に含まれるタンパク質のグルテンの事で、グレインフリーとは穀物不使用という意味になります。

 

柴犬で気になるのが「アレルゲン」ですが、そのアレルゲンを考慮して省いたドックフードである事が特徴になっています。

 

すでに何らかの食品で皮膚トラブルなどがある柴犬にもオススメできます。

 

コチラは原材料をどこで仕入れているのか、しっかりと表示されていて原材料の素材についての安心感があります。

 

色々なタンパク質が取れるように、牛、鶏、馬、魚と配合されています。

 

犬の健康のために、持続型ビタミンCというビタミンが配合されている事も特徴の1つになっています。

 

持続して体に残るビタミンCという意味ですが、体の中をキレイにしてくれるビタミンですから、愛犬の健康に大いに役立つと思います。

 

お試しがあって、とてもお得な価格で提供しているので、今回紹介しているものと、同時に取っても負担にならないと思います。

 

 

 

 

Dr.ケアワン

ドクターケアワン,ドックフード

販売会社 株式会社アニマルライフ研究所
原産国 日本
原材料のベース 鶏肉
特徴 無添加・グルテンフリー
容量 800g
価格 2480円〜

コチラは、商品名にちょっとした特徴がある、国産、無添加のドックフードで「Dr.ケアワン」といいます。

 

本当にドクターも関係していて、獣医師の方が監修しています。

 

グルテンフリーになっているので、グルテンのアレルゲンに反応する柴犬にもおすすめです。

 

コチラは鶏がベースになっているのが特徴で、シニアも考慮されていて、中にグルコサミンやコンドロイチンも配合されています。

 

今では有名な成分でもありますけど、関節を守るために必要な成分になってきます。
ただ、どうしても健康というと、何かあったときに対策する事がほとんどかもしれません。

 

これは人間でもそうですけど、何かある前に十分な対策をすることで、愛犬(柴犬)の健康トラブルを回避する事ができます。

 

いつまでも愛犬には元気でいてほしいという気持ちは誰でも持っていると思いますが、その健康寿命をテーマにしているドックフードになります。

 

余計なものが配合されていなく、コチラもいかにも無添加!のような内容です。

 

 

 

 

ヴィジョンズ

ヴィジョンズ,ドックフード

販売会社 株式会社ヴィジョンズ
原産国 日本
原材料のベース 多種
特徴 無添加
容量 50g〜
価格 500円~

コチラは「ヴィジョンズ」というドックフードになります。

 

国産で無添加、そして自社工場を持っている会社になります。

 

普通はどこかの工場にお願いをして作ってもらう事が多いのですが、コチラの会社は、自分達でドックフードを作っていることが特徴です。

 

自社の強みは、ちょっとした変更が容易にできる事です。

 

例えば、何が足したいということであれば、それがすぐにできてしまうという強みがあります。

 

これからもっと良くなる事に期待ができる事にもなります。

 

とはいっても、すでに完成されたような内容で、犬の健康のことを考えているドックフードになっています。

 

そして工場の近くに仕入れ先もあるので、新鮮な原材料である事も分かります。

 

コチラのドックフードは種類が多いので、どれにするのか迷ってしまうかもしれません。

 

でもお試しで、4種類がお得な価格で取り寄せができるようになっています。

 

個人的には馬肉がベースのものがおすすめだと思っていますが、食いつきを確認する意味で、まずはお試しを取ってみるのも良いと思います。

 

 

 

マザープラス

マザープラス,ドックフード

販売会社 犬猫自然食本舗
原産国 日本
原材料のベース 鶏肉
特徴 無添加
容量 1s
価格 2,400円〜

コチラは今では珍しい店舗で自社製品を販売しているドックフードで「マザープラス」といいます。

 

金沢市に「犬猫自然食本舗」という店舗を持っていて、そこでも販売しているので、近くの方であれば、色々とお話しを聞くことができると思います。

 

犬猫なので、猫用のフードもあるので、同時飼いしている人は便利だと思います。

 

国産で無添加になりますが、全部で5つの種類が用意されています。

 

子犬、成犬、シニア用、そしてポークとまぐろがベースのものがまた別にあり、全部で5種類用意されています。

 

そしてこだわりは、中に使っている原材料の農作物などは、オーガニック近い素材を使っている事です。

 

オーガニックとは、化学肥料や農薬なでを使わないで育てた農作物という意味になります。

 

現実はコストがかかって、中々難しいものですが、それに近い素材を使っている事がメリットになります。

 

そこに意識があるドックフードなので、そこに安心感があります。

 

鶏がベースで、コチラも柴犬にオススメです。

 

 

 

ドックスタンス

ドックスタンス,ドックフード

販売会社 株式会社プロ・アクティブ DOGSTANCE事業部
原産国 日本
原材料のベース 鹿肉
特徴 無添加
容量 980円〜
価格 300g〜

コチラはシニア犬用に開発されたドックフードで「ドックスタンス」と言います。

 

シニア犬というと、定義のようなものがないので、何歳からというのが難しいのですが、一般的には中型犬であれば6〜7歳ぐらいからシニアと呼ばれています。

 

大型犬になると、また変わってきますけど、柴犬であれば中型犬になるので、7歳ぐらいからシニアという事になります。

 

でも実際は、7歳といっても、シニアとは呼べないような、まだまだ元気な子はたくさんいます。

 

でも犬とっては、人生の半分以上ぐらいの年齢になってきます。

 

コチラは、そんなシニア犬のために開発されたドックフードで、健康もそうですが、消化吸収しやすいように工夫がされているフードで、消化力が落ちた柴犬におすすめできます。

 

もちろんいつまでも元気でいてもらうための素材を使っています。

 

鹿肉ベース、そして国産で無添加となっています。

 

産地もしっかりと表記されているので、安心して愛犬(柴犬)に与えることができます。

 

 

 

柴犬に合う国産で無添加のドックフード選びについて!

 

コチラは柴犬のためのサイトなので、今回はその柴犬に国産で無添加のドックフードで、おすすめできるものを紹介しましたが、基準になっているのが日本犬に合うのかどうかです。

 

柴は洋犬と違い、弥吉時代から1000年以上も日本で生活してきた犬種になるので、日本人が好む食生活と、とても相性が良くなっています。

 

日本にあるものを食べてきた犬種という事になります。

 

お魚や穀物などを食べてきた犬種で、穀物の消化を他の犬種から比べて得意としていて、こってり肉を苦手としている傾向にあります。

 

柴に多いアレルギーも、この肉が原因の一つとされている説があります。

 

そして四季がハッキリとしている国で育ってきて、外で飼われてきた経緯があるので、そのため季節の変わり目に毛が多くなり、また抜けるとうことを繰り返していく事も柴犬の特徴です。

 

犬種によって体の性質が違いますので「というくくりで見てしまわない事が、ドックフードを選ぶときの大きなポイントになってきます。

 

 

国産や無添加に関わらず原材料はしっかりと確認するようにする

 

そして国産や無添加のドックフードに関わらず、原材料を良く確認することが愛犬(柴犬)のためになります。

 

原産国は別としても、ペットフードの無添加表示は、どこか曖昧なところがあって、添加物が入っていないかのような表示になっている事もあります。

 

ペットフードの表示については、中国産のペットフードを食べた米国の犬と猫が健康被害にあい、それがキッカケで「日本ペット安全法」というものが日本でもつくられて表示については少し厳しくなりました。

 

ただ現状は、販売業者にゆだねていることが多く、すべての表示がされていない事もあります。

 

基本的に使った素材は、すべて載せなければいけないようになっていますけど、抜け道のようなものがあって、すべて載せられていない事もあります。

 

曖昧になっているのが現状なので、分からないなりにも原材料は、しっかりと確認するようにしましょう。

 

スポンサードリンク

トップへ戻る