トップへ戻る

セレクトバランスのドッグフードは柴犬にどう?評価と特徴について!

セレクトバランス,ドックフード

 

柴犬にセレクトバランスのドッグフードはおすすめできるかを評価です。

 

コチラは「株式会社 ベッツ・チョイス・ジャパン」というところがアメリカから輸入して販売しているドックフードになるので原産国は「アメリカ」という事になってきます。

 

販売している会社は、平成8年11月26日に会社が設立されて、輸入業をしているので、もうそこそこ販売実績があるので、ここは少し安心感になるかもしれません。

 

とはいっても、愛犬(柴犬)に合うのかどうかは、また別問題になってきますけど、どのような特徴があるドックフードなか、その特徴と評価についてです。

 

 

セレクトバランスのドッグフードの特徴は?

 

セレクトバランスのドッグフードですが、テーマとしては犬の健康をテーマにしていて、そこを意識したフード制作に取り組んでいるようです。

 

若々しい身体作り、内面からの健康、病気から守る体作り、そして美しい皮膚と毛質を作る、このようなことを目的としています。

 

そのための栄養成分が原材料に配合されているという事になっていますが、特徴についていうと、このようになっています。

 

  1. 種類は4種類ある
  2. 一般的な添加物不使用
  3. コエンザイムが配合されている
  4. アレルゲンを抑えている

 

セレクトバランスのドッグフードの特徴でいうと、このような感じです。

 

市販で販売されているドックフードからくらべて、余計なものがあまり使用していなく、またクリーンなイメージがある内容だとは思います。

 

 

セレクトバランスのドッグフードは4種類ある

 

全部で4種類のドックフードがありますが、どれもドライタイプの総合栄養食になっていて、共通することは、フードの大きさが小粒タイプになっている事です。

 

柴犬でいうと中型犬になりますが、その中型犬でも小型犬でも食べやすいのが評価できる1つだと思います。

 

そして種類でいうと、このようになっています。

 

  • 子犬用
  • 成犬用
  • シニア用
  • 体重管理用

 

この4つになっています。

 

そしてそれぞれチキンかラム肉、このどちらかを選べるようになっています。

 

柴犬の場合は、どちらでも良いかもしれませんが、強いて言えれば、ラム肉の方がまだアレルゲンの心配が低いと思うので、コチラの方がオススメかもしれません。

 

そして4種類は、微妙にどれも原材料を変えていますので、ただ単にカロリーを落としたり、栄養素を落としたりしているわけでもありませんので、ここも評価できるところだと思います。

 

中には年齢に合わせて分けているところもありますけど、でも中身については、ただ単に全体的な量を調整したような感じのものもありますので、それから比べると、良いと思います。

 

ラム肉やチキンは、どちらにしても高たんぱく質の低脂質の部類の肉になってきます。

 

セレクトバランスのドッグフードは一般的な添加物不使用

 

セレクトバランスのドッグフードは、一般的な添加物が不使用になっています。

 

合成保存料、着色料、香料など、すべて不使用となっているので、ここは安心できると思います。

 

 

セレクトバランスのドッグフードはコエンザイムが配合

 

これは珍しいですが、コエンザイムQ10が配合されています。

 

コエンザイムQ10とは補酵素のことで、人間用の健康食品でも使われていることが多いのですが、健康に役立つ栄養素としてされています。

 

Q1〜Q12まで種類が見つかっていて、その中で体内で有効なのがQ10となっています。

 

働きとしては、老化の対策として使われることが多いと思います。

 

犬も成犬になると、そこから日々老化していくことになりますけど、その老化の原因の1つと言われているのが、酸化とも言われています。

 

酸化とは鉄がさびるような変化のことですが、それが体内でも日々ある事で、体が老化してくる理由の一つと言われています。

 

それを少しでも防ぐことに期待ができるのがコエンザイムQ10だとも言われています。

 

この栄養素以外にも、そのような働きをするようなものは多くありますが、コエンザイムQ10もその一つになってきます。

 

愛犬(柴犬)を若々しくさせるのに役立つことになりますので、健康には良い成分です。

 

 

セレクトバランスのドックフードはアレルゲンを抑えている

 

そしてなるべくアレルゲンが少ない素材の選択になっています。

 

何でも食べることができない事は、少し健康上どうかと思いますが、でも愛犬によって、体の健康状態はバラバラだと思います。

 

少し病気がちな柴犬であれば、アレルゲンを抑えていることになるので、少しは役立つと思います。

 

 

セレクトバランスのラム肉ベースのドッグフードの原材料

 

セレクトバランスのチキン、ラム肉の2タイプのうちのラム肉のドッグフードの原材料を例にしています。

 

乾燥ラム、玄米、米、エンドウ豆プロテイン、ビートパルプ、鶏脂(オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸源)、チキンエキス、乾燥ミルクプロテイン、ビール酵母、エンドウ豆繊維、クランベリー、フラクトオリゴ糖、グルコサミン、コンドロイチン、コエンザイムQ10ビタミンA、D、E、K、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、コリン)ミネラル類(カルシウム、カリウム、ナトリウム、クロライド、硫酸亜鉛、鉄、銅、マンガン、セレン、ヨウ素)酸化防止剤(ミックストコフェロール、クエン酸、ローズマリー抽出物)

 

乾燥ラム肉がベースになっている事が分かりますが、ミールではないので、ここに安心感があります。

 

宣伝内容は良いけど、この原材料を見て愕然とすることもありますけが、セレクトバランスのドックフードは、そのような怪しさがない素材を使っています。

 

どのくらいのバランスで、これらのものが配合されているのかは分かりませんが、ラム肉以外に、玄米や米、えんどう豆なども使われているので、日本犬と相性の良い内容だと思います。

 

 

セレクトバランスのドックフードの成分

 

ラム肉ベースのドックフードの保証成分です。

 

  • たんぱく質23.0%以上
  • 脂肪13.0%以上
  • 粗繊維5.0%以下
  • 灰分8.5%以下
  • 水分10.0%以下
  • 代謝エネルギー350kcal/100g

 

成犬用ですが、成犬に必要なタンパク質量もしっかりと確保されています。

 

 

公式サイトで食事量の計算が簡単にできる

 

食事量の計算にたまに困ることがあると思いますけど、コチラの公式サイトでは、体重によってどのくらい与えると良いのか、すぐに計算ができるようになっています。

 

ただ単に体重を入れると、その目安を計算してくれますので、これはちょっとしたサービスだと思います。

 

困ったときには使うと良いと思います。

 

 

セレクトバランスのドックフードの取扱店は全国

 

そしてセレクトバランスのドックフードの取扱店は、全国にあるので、何処でも手に入ると思います。

 

ペットショップ、または大型でいうとイオンなどにも置いてあります。

 

ただどこで取り扱いをしているのかは、公式サイトで確認することができますので、地域から検索をして探せるようになっています。

 

ちなみにネットショップでも販売されていて、楽天やアマゾンでも取り扱いをしていますけど、アマゾンについては注意した方が良いと思います。

 

楽天か、ペットショップで購入する方が安心になります。

 

1s、3s、7sと用意されています。

 

 

セレクトバランスのドックフードの総合評価

 

市販のドックフードでは、内容的にはかなり良い方だと思います。

 

高級ドックフードと呼ばれるものから比べると、質的なものはちょっと劣りますけど、でも中身については、危険性があるものが配合されていませんし、かなり良い内容だと評価できます。

 

こういうレベルのものが市販で多くなると、安心感が増し愛犬のためになると思います。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る