トップへ戻る

ソリッドゴールドのドックフードは柴犬におすすめできる?

ソリッドゴールド,ドックフード,柴犬

 

 

柴犬にソリッドゴールドのドックフードは、おすすめできるのかを評価です。

 

コチラは市販で販売されている商品で、全国で販売店がありますので、近くのペットショップやスーパーなんかでも手に入ると思います。

 

もしかすると見た事がある人もいるかもしれませんが、アメリカ産のドックフードで、日本の「株式会社ケイエムテイ」さんが総合代理店のようになっていて、全国に卸しているような感じです。

 

実はコチラの会社は、別にもう2つ市販品のものを卸していて、1つはコチラのサイトでも紹介していますが「アーテミス」というペットフードも取り扱いをしています。

 

上記のフードを見てもらうと分かると思いますが、粗悪なものを取り扱っているような感じでもありません。

 

犬の健康を考えられた内容になっていますが、どんな特徴があるのか、分かりやすく説明します。

 

 

ドックフード!ソリッドゴールドの特徴は安定していること

 

ドックフード、ソリッドゴールドについてですが、コチラのフードは安定していいるという事が特徴になってくると思います。

 

何か多大な宣伝をしているわけでもないし、中身の原材料を見ても特別高級なものを使っているわけでもなく、そして怪しいものが入っているわけでもありません。

 

そのため安定していると思います。

 

市販のものは、どこか人間目線のようなところがあり、中に使うものが粗悪になることも多くあります。

 

日本産のドックフードより、外国産のものが評価は高いような感じもしますけど、でも市販向けのものは、どこかズルさがあるような感じのものが多いような感じがします

 

宣伝は良いけど、中身を見ると「ん?」と思わずしてしまうような事が度々あります。

 

でもソリッドゴールドについては、原材料を見ても、クエスチョンマークがでるような内容でもないので、ズルさのようなものを感じなく安定していると思います。

 

ズルさというのは、要するにもうけを大きくさるために、安い素材を使ってごまかしているような感じの事です。

 

安い素材を使うこと自体は悪いことではありませんけど、でもその素材自体に怪しさが残るようなものがあるので、そこにズルさのようなものを感じます。

 

犬のことが半分、会社の事が半分、そんな目線で作られたものが市販では多いかもしれません。

 

愛犬(柴犬)のお腹を満たすだけであれば、それでも良いかもしれませんけど、でも健康を考えるのであれば、少し違う感じもしています。

 

でもソリッドゴールドは、そいうことがなく、また価格はそんなに高くはありませんけど、その価格の範囲の中で、犬目線になっている内容だと思います。

 

ここは他の市販のドックフードから比べても評価できるところだと思います。

 

そして特徴でいうと、こんな感じです。

 

 

  1. ソリッドゴールドは6種類ある
  2. すべてにサーモンオイルが配合
  3. 小麦・コーン・大豆が不使用

 

ソリッドゴールドのドックフードは全部で6種類ある

 

ソリッドゴールドのドックフードは、全部で6種類あります。

 

  1. ラム肉ベース
  2. 魚ベース
  3. バイソンベース
  4. バイソンと魚ベース
  5. ビーフと魚ベース
  6. 鹿肉ベース

 

 

すべてドライタイプになりますが、この6種類になります。

 

成犬とシニア犬向きが5つあり、後は全年齢対応のものが1つのような感じです。

 

内容的には、どれも悪くなりませんけど、柴犬向きとういと、やはり鹿肉か魚ベースのドックフードになってくると思います。

 

バイソンやビーフは、柴犬の口に合わないわけでもありませんけど、相性としては、あまり良いとは思いません。

 

あっさり肉が日本犬には合うと思います。

 

 

すべてにサーモンオイルが配合されている

 

そしてすべてに共通するのが、サーモンオイルが後で足されていることです。

 

なぜこれをコチラの会社でも強く宣伝しているのかは、犬の健康に役立つオイルの1つだからです。

 

詳しいことはコチラの「ドックフードに含まれるサーモンオイルは柴犬にどんなメリットがある?」を見ると分かると思いますけど、柴犬に与えるこどでのメリットでいうと、やはり皮膚トラブルの対策になること、そしてアレルゲンの対策になる事です。

 

アレルゲンによる、皮膚のかゆみで皮膚をかじったり、こすったりすることで、皮膚に赤身がでて炎症してきます。

 

経験した事がある人は分かると思いますけど、その炎症の対策と、そしてそのアレルゲン自体の対策です。

 

何かに反応して皮膚にかゆみがでる事になりますが、その根本を良くしてくれるという事に期待ができます。

 

このオイルはオメガ3という脂肪酸を多く含み、この脂肪酸が犬の体の健康に役立つとされています。

 

そのオイルを、どのドックフードにも配合されているので、健康には良いですよ!と、なっています。

 

 

ソリッドゴールドは小麦・コーン・大豆が不使用になっている

 

ソリッドゴールドのドックフードは、小麦やコーン、大豆が不使用になっています。

 

これはどのような意味かというと、アレルゲン対策しかありません。

 

本来は、柴犬にとっては悪い素材でもないのですが、上記の中に含まれるタンパク質が時にはかゆみなどの原因になる事があるので、その懸念から省いていると思います。

 

犬は雑食ですから、何でも食べることができるのが、本来の健康だと思いますが、でも中には上記のものに反応してしまい体のかゆみの原因になることもあります。

 

とはいっても、何のタンパク質に反応するのかは、その愛犬によって変わってきますけど、一度、穀物関係で食物アレルギーを経験しているのであれば、役立つと思います。

 

また上記のものは、遺伝子組み換え食品になり得る素材でもあるので、どちらにしてもない方が安心できるかもしれません。

 

アレルゲンよりも添加物よりいも、遺伝子組み換え食品の方が危機感があると思っています。

 

アメリカは遺伝子組み換え食品を大量に生産している国ですから、ドックフードの表示に組み換えは使用されていないと記載があっても、生産量が本場の国だけあって、少し怖さのようなものが残ります。

 

そういった意味では、上記の素材は、栄養満点だとしても無い方が柴犬のためになると思います。

 

 

ドックフード!ソリッドゴールドの原材料

 

原材料については、6種類も紹介しても意味がありませんので、柴犬に合いそうな鹿肉ベースのものを例しています。

 

シカ肉・ドライターキー・ポテト・えんどう豆・ガルバンゾー豆・ヒラマメ・えんどう豆粉・タピオカ・カノラオイル・乾燥卵・パンプキン・ドライタラ・豆繊維・天然風味料・リン酸二カルシウム・塩化カリウム・塩・DLメチオニン・サーモンオイル・ニンジン・パセリ・リンゴ・クランベリー・ブルーベリー・レタス・セロリ・サトウダイコン・クレソン・ホウレンソウ・乾燥チコリ根・ブロッコリー・スペアミント・アーモンドオイル・セサミオイル・ユッカシジゲラエキス

 

上記は抜粋していて、すべての原材料を記載していませんが、後はビタミンやミネラル等が配合されています。

 

結構と色々なものが配合されている事が分かると思います。

 

 

ソリッドゴールドのサーモンベースのドックフードの成分

 

ソリッドゴールドの、サーモンベースのドックフードの成分です。

 

  • 粗タンパク質 23.0%以上
  • 粗脂肪 12.0%以上
  • 粗繊維 4.0%以下
  • 粗灰分 8.0%以下
  • 水分 10.0%以下
  • 代謝カロリー 3,490kcal/kg

 

成分的には、特に気になるようなところはありません。

 

 

ソリッドゴールドのドックフードの総合評価

 

ソリッドゴールドのドックフードをまとめると、余計なものが使われてないし、価格のわりにはしっかりとしている、このようにまとめる事ができます。

 

柴犬には普通に与えることができると思います。

 

ただ、上をいうとキリがりませんけど、もしさらに愛犬の健康にこだわりたいという事であれば、まだ質が高いドックフードがある事には間違いありません。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る