トップへ戻る

ロイヤルカナンは柴犬にどうなの?評価と特徴について解説

ロイヤルカナン,ドックフード,柴犬

 

市販のドックフードで犬種別に分かれているロイヤルカナン、そこがちょっとした強みでもあり、他のフードにもない特徴にもなってきますが、柴犬用のフードはどうなの?という事で、その内容と評価についてです。

 

日本全国のペットショップで販売されているフードなので、見たことがある人は多いかもしれません。

 

コチラはロイヤルカナン・ジャポン合同会社となっていて、合同会社というのは、出資者=会社の経営者という意味で、株式と違い出資した人が経営もするという他の会社とは少し違う経営をしています。

 

ペットフード関係の会社ではあまり聞かない形態だと思います。

 

柔軟な経営ができるというメリットがありますが、社員全員の合意でないと意思決定ができないというデメリットもありますが、どのようなドックフードなのかについて説明しています。

 

 

ロイヤルカナンは外国産のドックフードになる

 

ロイヤルカナンは国産だと思っている人が多くいますけど、実はフランス産のドックフードになります。

 

本社がフランスで、そこで販売から製造まですべてしていますので、そこから輸入して日本で販売されている事になります。

 

本社は1968年にジャン・カタリー博士という方によって誕生したとなっています。

 

歴史的にはかなり古いことになります。

 

犬の皮膚疾患を主に勉強していたようで、フードでその疾患を対策できないのかという事で開発されたとなっています。

 

窓口が上記で先程話した合同会社という事になります。

 

そこから全国のペットショップなどに卸していることになりますので、大企業ですから、ここは評価できるところだと思います。

 

ただおすすめなの?と、問われると「考え方による」というのが答えになると思います。

 

そこも踏まえ特徴をまとめると、このようになります。

 

  1. 犬種を研究して製品開発されている
  2. 原材料から販売まで管理されている

 

 

この2つが主な特徴になってきます。

 

ロイヤルカナンは犬種を研究して製品開発されている

 

ロイヤルカナンは栄養学の専門チームが犬の特性を調べて、製品開発されているいので、犬種によってフードも変わっている事が特徴になっています。

 

犬といっても、犬種によって育ってきた環境や食べてきたものは変わってきますので、その性質に合わせて食物も与えることが好ましいと思います。

 

柴犬であれば、日本犬ですから日本で長く育ってきたので、日本にある食生活が好ましいという事です。

 

またそのように体質も変化してきましたので、違う要素を入れると相性があまり良くないとされています。

 

柴犬の素性については下記を参考にすると良く分かると思います。

 

 

 

魚や穀物で育ってきた犬種が柴犬ですから、世間一般で言われている「犬は穀物の消化は苦手」とは、少し違うところがあります。

 

もし本当にその素性に合わせてドックフードが作られていたとすると、高い評価という事になります。

 

ただ、どこに標準を合わせているのかまでは分からないので、本当に柴犬に合わせた内容になっているのかまでの判断は難しいところがあります。

 

 

ロイヤルカナンは原材料から販売まで管理されている

 

ロイヤルカナンは、原材料の調達から販売まで、一貫して管理されているので、ここは評価できるところだし、ここは本当のところだと思います。

 

ドックフードで怖いのは、多大な宣伝広告になっているけど、中身がお粗末になっているときです。

 

宣伝は良いけど、中身を見ると期待外れのことも良くあります。

 

ただ流通については調べると分かることですから誤魔化すことはできませんので、質の良い原材料を使っているのかは話しは別になりますが、流通をしっかりとしている事は、評価できるとこだと思います。

 

そして検査体制も整っているので、間違って悪いものが混入するという事も、ほとんどないと思います。

 

例えば髪の毛が混入した、何かの部品が入っていた、このような事はないと思います。

 

 

ドックフード!ロイヤルカナンの柴犬用の原材料

 

柴犬用のドックフードの原材料です。

とうもろこし、米、肉類(鶏、七面鳥)、コーングルテン、植物性分離タンパク、動物性脂肪、とうもろこし粉、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、大豆油、植物性繊維、魚油、酵母、フラクトオリゴ糖、加水分解酵母(マンナンオリゴ糖源)、ルリチシャ油、緑茶抽出物(ポリフェノール源)、加水分解甲殻類(グルコサミン源)、マリーゴールド抽出物(ルテイン源)、加水分解軟骨(コンドロイチン硫酸源)、アミノ酸類(L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-シスチン、L-カルニチン)、ポリリン酸ナトリウム、ゼオライト、ミネラル類(K、Cl、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(A、コリン、D3、イノシトール、E、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、B6、B2、B1、葉酸、ビオチン、B12)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤BHA、没食子酸プロピル

 

ロイヤルカナンの原材料で気になるのは、添加物とういことになります。

 

ただここは考えようで、長く取ったとしても犬の体に害がないレベルという事で使用されているので、ここをどのように思うのかで、その人が感じる質が変わると思います。

 

これを良しとするのか、そうでもないのかで価値や質が変わってくる事になります。

 

無添加を好んでいる人であれば、ロイヤルカナンは好ましいものにならないと思います。

 

でもあまり気にならいのであれば、使うことができると思います。

 

評価や評判が人によって変わるというのは、こういうところで、ここはその人の考え方で変わることになります。

 

ただ個人的な考え方としては、食べ続けても害にならない添加物の量が含まれているという事ですが、逆をいうと適量でなければ、害があるというふうに取ることもできます。

 

要するに添加物は使用する量が種類によって決まっていますので、使用量を決めるという事は、そこに何かがあるので使用する量を決められている事になります。

 

大量になると安全でないから量を決めているのか、それとも他の理由があって量を決めているのかは、考えると想像がつくと思います。

 

何もないのであれば量は関係ないというのが個人的な見解です。

 

またここは賛否両論かもしれませんが、とうもろこしのタンパク質を多めに配合されている事が特徴にもなっています。

 

全体的なことでいうと、合成サプリメントの配合量が多いという内容です。

 

 

柴犬用のロイヤルカナンの成分

 

柴犬用のドックフードの成分です。

 

  • たんぱく質 24.0 %以上
  • 脂質12.0 %以上
  • 粗繊維3.6 %以下
  • 灰分6.2 %以下
  • 水分10.5 %以下
  • 代謝エネルギー 377 kcal/100g

 

保証成分については、成犬用としては丁度良いと思います。

 

 

ドックフード!ロイヤルカナンの総合評価

 

評判や口コミというのは、その人の考え方で変わることが多いので、あまりあてになるとは思いませんが、評価としてはどこまでいっても「その人による」というのが答えになると思います。

 

個人的な評価としては、市販のドックフードの中ではレベルが高いと思う、そのような感じです。

 

ただ事実としては「柴犬に合うドックフードはこれ以上のフードがある」というのが事実です。

 

どこまでドックフードの質を求めるのかで変わってきますけど、今回の紹介した内容で、特に気にならないのであればおすすめできると思います。

 

気になるようであれば、別なフードにした方が飼い主さんと愛犬のためになると思います。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る