トップへ戻る

柴犬におすすめ馬肉パラパラミンチのドックフードの評価

馬肉パラパラミンチ,ドックフード

 

柴犬にもオススメできる「馬肉パラパラミンチ」のドックフードについてです。

 

コチラは熊本県にある「株式会社利他フーズ」さんというところが販売しているフードで、実は株式会社利他フーズさんは、実は馬をベースにしたドライタイプのフードも販売していることで、知られているところです。

 

 

 

コチラも馬がベースにされていてオススメなのですが、今回のものは、また別な要素でオススメのものになります。

 

馬がベースという事に変わりがありませんが、今度はそのままの生肉となっている事が特徴になっています。

 

ドックフードというよりも、馬の生肉を犬でも食べやすいようにして、そのまま与えるタイプの内容になっています。

 

ですので、今までのものとちょっと違う見方での内容になってきます。

 

どのような特徴があるのかについてまとめています。

 

 

馬肉パラパラミンチは基本的な特徴

 

馬肉パラパラミンチの特徴についてですが、ズバリ「馬の生肉」これが大きな特徴になっています。

 

本当にこれしかないので、原材料も他のドックフードのようにたくさん何かが入っているという事でもなく、原材料は「馬肉」のみとなっています。

 

もちろん犬の健康を考えて作られたものなんで、無添加となっています。

 

何か入れて加工する必要性が一切ありませんので「中に何が入っているのだろう?」と、心配することが一切ない事になります。

 

実はコチラの代表の方は、馬刺しの専門店というもう一つの顔を持っていいるのですが、お客さんが犬に生の馬肉をあげて元気になったことを聞いて、これがキッカケになって、ドックフードを開発した事になります。

 

それが上記で紹介したドライタイプで、コチラは何も加工していないタイプという事になります。

 

ドライタイプの方は、馬肉以外にも他の素材が使われていますが、コチラは1種類のみとなっています。

 

犬は人間と違い、生肉の消化を得意とする動物になります。

 

元から動物は、火を使うことができませんので、熱を入れない食べ物の消化を得意としている事が人間と違うところです。

 

柴犬にもっとも近い、犬の祖先になるオオカミの性質をそのまま引き継いでいる事になりますので、生肉OKの消化力で、実は犬にとって一番消化吸収しやすい食べ物になっています。

 

とはいっても馬肉だけでは栄養の偏りがありますので、コチラは他のドックフードに一緒に混ぜて与えるという使い方になります。

 

どんなメリットがあるのか?という事ですが、さらなる健康維持に期待ができるというメリットになります。

 

 

馬肉パラパラミンチを与えることのメリットは3つある

 

愛犬、または柴犬に馬肉パラパラミンチを与えるメリットについてです。

 

 

  1. 栄養素を丸ごと取ることができる
  2. 栄養吸収の効率が良い
  3. 健康トラブルの対策になる

 

 

大きくまとめると、この3つがメリットになってきます。

 

人目線ではデメリットがありますが、犬目線では、与える事に対してのマイナス要素がないという事になります。

 

 

生の馬肉は栄養素を丸ごと取ることができる

 

これは生の馬肉だからという事でもありますけど、一番の注目点が「」という事です。

 

なぜ生肉にメリットがあるのかというと、栄養を壊すことがなく、そのまま取ることができるためです。

 

熱を加えた肉は、壊れる栄養素はたくさんあります

 

ビタミン、ミネラル、また酵素なども破壊されてしまい、本来素材に含まれる栄養素を、すべて取ることができないようになっています。

 

ただ調理方法を工夫することで、栄養を壊さない方法もあるのですが、でも一般的なドックフードについては、ほぼ素材に含まれる栄養素は壊れていることになります。

 

そのため栄養バランスが偏るので、後で別にビタミンやミネラルを足すこともあります。

 

でも生の場合は、何も壊すものがないので、その素材の栄養素を丸ごと取ることが可能なので、犬の健康に役立つことになります。

 

特に生肉は、酵素という犬の寿命にも関係してくる栄養素がたくさんありますので、これで本来持っている余計な酵素を使わずに済みますので、健康維持に役立つ事になります。

 

 

  • 酵素の働きとは?

酵素は分かりやすくすると、大工さんという事になります。

 

ビタミンという木材、ミネラルという釘があっても大工さんがいないと家を建てることができないように、酵素がないと栄養にすることができません

 

これがないと生きていけないという事になります。

 

人間も犬もこの酵素を作り出すことができるようになっていますが、実は作り出すのに限界があるとされています。

 

そのためできるだけ減らさないに節約することで、健康にも良いとされています。

 

生物は、その酵素を多く含みますので、その酵素を取ることで、減らさないように節約することができます。

 

酵素は50℃〜70℃ぐらいで破壊されますので、人間の食生活でも生野菜や生の果物は、健康に良いことになります。

 

どちらにしても生肉は、普段取れないないような栄養素も多く取ることがでますので、愛犬(柴犬)の健康のためにはなります。

 

 

馬肉パラパラミンチで栄養吸収率がアップ

 

そして生の馬肉によって、栄養吸収率がアップします。

 

生肉自体の消化吸収を犬は得意としているので、少量で多くの栄養素を取ることができます。

 

栄養があるものを取っても、それが体に吸収されないと意味がありません。

 

体に栄養が消化吸収される事によって、体に必要な栄養素を運ぶことができるので、消化吸収率が良いという事は、それだけ十分に栄養素を体に回すことができます。

 

そして消化が良いという事は、胃腸への負担が少なくなります

 

やっぱりどこの部位もそうですが、使いすぎると疲れが出てきます。

 

吸収が良いということは、体への負担も少なくする事になるので、健康でイキイキのちょっとしたポイントにもなってきます。

 

そして生肉ですから、香りから食いつきに期待ができます。

 

馬肉パラパラミンチで健康トラブルの対策になる

 

そして馬肉を使っていることで、健康トラブルの対策になります。

 

その対策になる栄養素を持っている事になりますが、他の肉から比べると、このうようになっています。

 

  • タンパク質が多い
  • 脂質が低い
  • カルシウムが多い
  • 鉄分が多い

 

このようになっています。

 

犬に必須になるタンパク質を多く含み、さらに低脂肪、そしてカロリーも低くなっています。

 

そしてカルシウムや鉄物を多く含みます。

 

日本犬でもある柴犬は、特に魚や穀物を長く食べてきた経緯があるので、高カロリーな肉を苦手としていて、このような高タンパクの低カロリーの肉が適しているとされています。

 

そして馬肉に含まれる脂質は不飽和脂肪酸が多く含まれています。

 

不飽和脂肪酸とは、体にあるコレステロールを下げる働きのある脂肪酸の事で、青魚に多く含まれるものが馬肉にも多いことになります。

 

魚が持っている健康な脂肪酸を馬は多く持っているという事になります。

 

体重を管理するのにも良い脂肪という事になります。

 

そして柴犬にも多い、かゆみなどの皮膚トラブルのアレルギーを助けるものとして知られているもので、健康な毛質を作るのにも期待がされています。

 

またはDHAやEPAとも呼ばれていますが、健康な脂質を持っているのが馬肉になります。

 

肥満や皮膚トラブルの対策以外でいうと、げっぷ、吐き気、軟便にも良いとされています。

 

 

馬肉パラパラミンチを愛犬(柴犬)に与えるデメリット

 

メリットばかりでもありません。

 

デメリットもあります。

 

これは人間目線でのデメリットになりますが、新鮮な生の馬肉となると、とても高価なものになってきます。

 

新鮮でないと意味がないのですが「馬肉パラパラミンチ」は、人が食べる馬刺し肉の形を整えるときに余った肉を犬用としているので、とても新鮮なお肉になってきます

 

そのような新鮮なお肉は高価になってきます。

 

普通はキロ当たりも高く、とても高価なお肉になってきますので、人間が食べるにしても経済的な面で大変なところがあります。

 

そしてその新鮮さを保つためには、冷凍保蔵が必要になるので、一般のドライタイプのドックフードから比べると、管理に少しだけ注意が必要になります。

 

とはいっても、これは人間目線のことになります。

 

 

馬肉パラパラミンチを愛犬(柴犬)に与える考え方

 

馬肉パラパラミンチを愛犬(柴犬)に与える考え方として、上記で話した対策のために与えるという考え方になります。

 

要するにより健康のために!という考え方です。

 

ただ、肉だけでは栄養バランスが弱くなるので、他のドックフードと混ぜて使うという使い方です。

 

皮膚トラブルが気になる、胃腸の調子が・・・、毛質を良くしたい、大病をしてほしくないなど、そのような事が理由で、さらに食生活をパワーアップするための与え方になります。

 

 

馬肉パラパラミンチの与え方と量は?

 

馬肉パラパラミンチの与え方ですが、自然解凍ではなくて、食べる分だけ冷蔵庫で解凍して与えます。

 

クールで届きますので、必要な分だけ取って、それを冷蔵庫で解凍、後の残りは冷凍庫するだけになります。

 

量はミキサーにかけた、手作りのペーストフードであれば、馬肉パラパラミンチが6、野菜が2、穀物が2の割合で与えるとなっています。

 

ドライフードとの組み合わせは、馬肉パラパラミンチが3、ドライフードが7のぐらいの割合で与えてるとなっています。

 

今まで熱加工されたドックフードを食べてきた場合は、お腹がびっくりとしないように初めはスプーン一杯程度を目安にすると良いとされています。

 

 

馬肉パラパラミンチの保存期間

 

馬肉パラパラミンチの保存期間は冷凍保存で180日となっていますので、約6ヵ月ぐらいが目安になっています。

 

 

馬肉パラパラミンチの取り寄せ料金

300g×3袋 300g×6袋
価格(税抜) 2,500円 5,000円
送料 別途 無料

 

馬肉パラパラミンチの取り寄せ料金です。

 

300gが3袋タイプと6袋タイプと分かれていて、900gと1800gの2つのタイプがある事になります。

 

価格的には安いと思います。

 

 

 

柴犬におすすめ馬肉パラパラミンチの総合評価とまとめ

 

馬肉パラパラミンチをまとめると、健康に良いとされる馬肉の栄養を丸ごと取ることができる、健康のためのトッピングとしての考え方、柴犬に多い健康トラブル対策に期待ができる、このようにまとめることができます。

 

新鮮で悪いものは何も入っていませんので、そこが一番のメリットになってくると思います。

 

そして以外にも価格が安いこともちょっとしたメリットにはなると思います。

 

柴犬の健康管理をするトッピングとしては、一押しできるものになります!

 

スポンサードリンク

トップへ戻る