トップへ戻る

市販の柴犬用のドックフードはどうなの?おすすめなの?

柴犬用,ドックフード,選び方

 

柴犬用のドックフードを与えた方が健康に良いの?

 

という事で、この件についてです。

 

今はたくさんのペットフードがありますが、その中に「柴犬用」として販売されているドックフードもいくつかあります。

 

数は多くありませんので、あえて商品名は伏せますが、そちらのフードの方が健康に良いのか?またはそれ以外のフードの方が良いのか?

 

このような疑問を持ってしまうこともあります。

 

犬種に合わせた専用のフードという事になっていますが、一方ではあまり良くないような声も聞こえてくることも確かな事です。

 

そこで今回は、その判断を飼い主さんができるための内容を説明しています。

 

 

柴犬用のドックフードは市販の中では良いフードになる

 

結論からいうと、柴犬用のドックフードは、市販のフードの中では良いフードになると思います。

 

「市販の中では!」という意味です。

 

市販のペットフードというと、あまり聞かないような安いペットフードもあれば、今回のように犬種によって分かれているフードなど様々です。

 

その中で比べると、やはり犬種に合わせて構成された中身になっていますので、全く気遣いがされていないフードから比べると、レベルの高い内容になってくることは間違いありません。

 

柴犬用のフードであれば、皮膚の健康や被毛の健康、腸内環境などにも配慮がされています。

 

犬種によって健康トラブルが若干異なりますが、その犬種の性質から計算された中身になっていますので、ここは高い評価ができると思います。

 

 

柴犬用のドックフードであっても市販には限界がある

 

ただ注目してほしいのは柴犬用のドックフードであっても「市販」だという事です。

 

市販という意味は、一般的な価格設定で、どこでも手に入れやすいという意味になりますが、そこにどこまでも合わせていることになるので、全体的な質は落ちてしまうという事です。

 

これはドックフードに限らずに人間の食生活でも同じことで、市販に合わせると価格が優先されるので、そこに合わせていかなければいけなくなります。

 

価格を抑えるために添加物を大量に使用したり、一部の食品は中国産にしてみたり、または質的にはあまり良くものを販売したりとなってしまいます。

 

ドックフードもそれと同じことで「市販」に合わせないといけないので、そこが優勢されるので、質的なことにはどうしても限界がある事なります。

 

 

柴犬用のドックフードは具体的にどのようなものが使用されている?

 

具体的ことでいうと、添加物の使用、ミールやミート、家禽の配合、穀物を多くしたりして価格の調整、そして食いつきを良くさせるための動物性油脂の多様、そしてビタミンやミネラルで調整、このような事になってきます。

 

ビタミンやミネラルは別としても、その他の素材については、価格調整のために配合される素材であって、さらにいうと人間目線でのドックフードになっています。

 

犬目線にしてしまうと、素材からすべて見直しをしなければいけなくなります。

 

でもそうしてしまうことで市販レベルでの販売は不可能になってきます。

 

添加物を不使用にしたり、ミールやミート、家禽以外に生肉を使用してさらにベースにする、穀物を適量にする、さらに素材を増やす、このような事になって販売単価が上がってしまう事になります。

 

犬目線であれば、そのようなフードの方が良いと思います。

 

ただ飼い主さんが、それをどのように感じるのかで評価が変わることになります。

 

それでも良しとするのであれば納得のいくものになると思います。

 

でも逆にそれはあまり良くないと思うのであればフードを変えた方が良いと思います。

 

ただ市販で販売されているフードで健康の面を追求していくと、積極的におすすめできるフードとは少し言い難いところがあるのが正直なところです。

 

 

市販で柴犬用のドックフードでおすすめできるものとは?

 

市販の中で柴犬におすすめできるドックフードについてですが、これは先程話したように上記のような柴犬用のドックフードがおすすめだと思います。

 

他の市販フードについても似たような原材料が使われている事がありますけど、でも犬種別に考えられているフードの方が内容的にはかなり良いと思います。

 

具体的には「ロイヤルカナン」や「愛犬元気」などもあるのですが「ウェルケア」の柴犬用が市販の中ではおすすめだと思います。

 

ウェルケア(柴犬用)のドッグフードの評価と特徴について

 

 

ただ先程話したように、原材料についてはチキンミールが使用されていて、それがベースになっていて、さらに動物性油脂の配合、そして添加物が使用されていますが、添加物の種類としては少ない方です。

 

また素材の種類が多めなので栄養価値としても高い方だと思いますので、市販フード中では、柴犬用のドックフードで一番おすすめできるフードです。

 

 

柴犬の健康を考えたドックフードについて

 

柴犬の健康の面を考えたドックフードについてですが、まとめるとこのようになります。

 

  • ドライフード
  • 低カロリーな肉か魚ベース
  • 無添加
  • 動物性油脂が使われていない

 

このような事になると思います。

 

詳しいことは下記を参考にしてもらうと凄く分かりやすいと思います。

 

柴犬に合うドックフードの選び方!子犬からシニア犬まで

 

 

ドライフードとは、カリカリのドックフードのことで、低カロリーな肉とは鹿肉や馬肉や鶏肉、またはアヒル肉などの低カロリーな肉のことです。

 

また魚系がベースになっているフードも柴犬と相性が良いと思います。

 

そして無添加であって、さらに動物性油脂が使われてないフードがおすすめできます。

 

そのような条件にになっているドライフードを探すことが愛犬のためになると思います。

 

具体的には下記のようなフードです。

 

アランズナチュラルドッグフードは柴犬に一押しできる!?

 

 

そちらのフードは、すべての条件がクリアされ、さらに余計なものが一切配合されていません。

 

自然に近い状態の原材料になっていて、調理方法もかなり工夫がされていて良質な内容になっています。

 

本来、添加物や動物性油脂、ミールというのは犬には関係ないことであって、自然の食材をそのまま食べることが最も好ましいことになります。

 

その自然に近づけたフードが上記で紹介している内容になります。

 

原材料を見ると分かると思いますが、かなりあっさりとしている事が分かります。

 

分かりやすくすると手作りフードのような感覚の構成になっています。

 

コチラを少しだけ覗いてみて下さい

 

かなりの量のフードがあることが分かると思いますが、その中で一押しできる内容です。

 

上記以外のフードで、柴犬におすすめできるものはありますが、その場合は下記で紹介しているランキング等を参考にしてもらうと分かると思います。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る