トップへ戻る

グルテンフリーのドックフードは柴犬の健康のためになる?

小麦粉,グルテンフリー,ドックフード

 

柴犬にグルテンフリーのドックフードは、本当に健康に良いの?

 

という事で、グルテンフリーについてです。

 

グルテンというのは、小麦やライ麦からできるタンパク質の事で、元からこの物質が小麦などにあるのではなく、グルテンニンというものが水と反応してできる物質の事になります。

 

水とタンパク質でもあるグルテニンが合わさってグルテンというものができる事になります。

 

粘りと弾力性を作り、その性質を生かしてパン生地などにも良く利用されています。
そのグルテンが含まれていないドックフードがありますが、果てしてこれを抜くことで、柴犬の健康のためになるのか?という事についてです。

 

 

グルテンフリーのドックフードが良いと言われる理由について

 

まず信憑性の方は別としては、グルテンフリーのドックフードにすることで愛犬(柴犬)に良いとされている理由は、このタンパク質に反応して皮膚のかゆみ原因になるという事、そしてもう一つが小麦などの穀物は犬に不要だからという理由になっています。

 

犬には小麦は不要、そしてかゆみの原因になるという理由になっています。

 

なぜこんな事が言われるようになったのかは、犬の体の性質、そして海外産のドックフードからの影響になっています。

 

消化は腸と関係していますが、犬の腸は短いので穀物が適していなく肉が適しているという事で、肉が中心のドックフードが海外産で多くなり、それが日本に輸入されて、その宣伝がそのまま広まったような経緯があります。

 

そしてグルテンフリーにすることで、皮膚のかゆみの対策、そして犬を元気にすることができる、ということで、肉中心のフードが多く出回るようになりました。

 

理由としては、このような流れからグルテンを抜くことで愛犬に良いとされています。

 

意味として大きいのは、かゆみ原因になるから!という事が一番の理由だと思います。

 

 

ではグルテンを抜いたドックフードは柴犬のためになる?

 

上記のような理由が正しければ、グルテンが含まれないドックフードは、柴犬の健康のためになりますが、実際はちょっと違います。

 

犬は穀物を消化できないような事が広がっていますが、犬は穀物を消化できるようになっています

 

犬の祖先のハイイロオオカミについても穀物や野菜、果物も食べていて、消化できる事が遺伝子レベルで確認されていますし、普通に冷や飯などを食べても、消化されてうんちとなっていますので、愛犬にお米を食べさせても消化できている事を確認できると思います。

 

どちらにしてもオオカミは、草食動物を食べてきたわけですから、その草食動物が食べた穀物なども一緒に取っていることになるので、消化できないという方が無理な話しになります。

 

ただし適切に調理されたものでないと、穀物に含まれるデンプンを消化することができなく、未消化になってしまいます。

 

お米であれば炊いて、柔らかくしてから与えることで消化することができます。

 

そもそも調理前の穀物のデンプンは、人間でも消化することができませんので、人間レベルでもしっかりと調理をしないと未消化になってしまいます。

 

また柴犬は魚や野菜、穀物を日本で長く食べてきた犬種になりますので、穀物の消化を得意とされていますので、グルテンフリーのドックフードにすることが、柴犬の健康になるとは限りません。

 

雑食ですから、何でも食べることができる体質にすることが、偏りのない栄養を取ることにもつながりますので、それが一番だと思います。

 

有害と確認されている玉ねぎやチョコレートなどを除いてです。

 

グレインフリーのドックフードのメリットについては柴犬にグレインフリーのドックフードは本当に役立つの?コチラに詳しくまとめています。

 

 

どのようなときにグルテンフリーのドックフードは役立つの?

 

グルテンフリーにするメリットは、すでにグルテン(小麦)からくるタンパク質に反応することが分かっている柴犬にメリットがある事になります。

 

柴犬に多い皮膚のかゆみは、食品関係でいうと、あるタンパク質に反応することが原因でかゆみがでるとなっています。

 

ただタンパク質とうのは、小麦以外にも、肉や他の野菜、果物にも含まれていますので、どれに反応するのかは、その愛犬によって変わってきます。

 

ただ今は動物病院で、血液検査からある程度、何に反応しているのかをつきとめることができます。

 

ただしそれだけで断定することができないので、疑いがある食品を省いたドックフードにして、様子を見るような感じになっています。

 

そして疑わし食品を省いたものを与え、それで痒みがとまった場合は、それで解決という事になります。

 

その痒みの原因がグルテン(小麦)であれば、グルテンフリーのドックフードにすることで役立つと思います。

 

ここは個人の判断ではなく、獣医師の支持に従って判断するようにします。

 

ちなみに食品からくる犬の皮膚の痒みの原因で多いのは、穀物よりも乳製品や肉類になっています。

 

特に牛肉からくることが多く、猫についても牛肉からが多くなっています。

 

猫は以外と思うかもしれませんが、魚に反応する子が多くなっていますが、結果からいうと、良く分かっていないのが現状です。

 

ドックフードに含まれる小麦粉は柴犬に与えても大丈夫?!

 

 

柴犬に無理をしてグルテンフリーのドックフードにするこはない?

 

柴犬に無理をして、グルテンフリーのドックフードにするこはないの?という事ですが、特に何もなければ無理をしてそうする必要性はないと思います。

 

最初から穀物不使用にする必要も、グルテンフリーにする必要もないと思います。
またグルテンには、多くの栄養が含まれています。

 

栄養の多い順番でいうと、このようになっています。

 

  • グルテンの栄養素

 

  1. タンパク質
  2. 糖質
  3. 水分
  4. 脂肪
  5. 食物繊維
  6. 灰分

 

タンパク質が主になりますが、タンパク質は犬にとって必要な栄養素になります。

 

灰分というのは、ミネラルのことです。

 

ちなみにグルテンになる前の小麦の栄養はまた変わってきます。

 

  1. 糖質
  2. 水分
  3. タンパク質
  4. 脂肪
  5. 食物繊維
  6. 灰分

 

このような順番になっています。

 

また小麦ブランというものがあるのですが、これについても栄養素はかなり変わってきます。

 

 

ドックフードにグルテンが含まれる理由は?

 

ドックフードに小麦やグルテンが含まれる理由は、犬の健康の栄養素になるものがあるので、入れていることになります。

 

ただ、この栄養という事が少しクセモノで、それをいい事に、たくさんの穀物を使ってかさを増すというドックフードもあります。

 

要するに、穀物は栄養価があって安く手に入るので、これを増してドックフードを販売しているという会社もあります。

 

グルテンや穀物が悪いというよりも、この思想に問題があると思っています。

 

何でもそうですけど、ある一定のものを取りすぎることは、犬にとっても人間にとっても良くありません。

 

例えば犬に肉が良いからといって肉だけにする、こうなると良いとされる肉も、犬の体の負担になってきます。

 

野菜が良いので野菜ばかり、果物が良いので果物ばかりにすると、分かっている人は多いと思いいますが、栄養の偏りを起こすことになります。

 

塩分はミネラルなので、体に必要なものですが、だからといって取りすぎは良くないというと分かりやすいかもしれません。

 

これと同じことで、グルテンや穀物が犬の健康に良くでも、やはり取りすぎは良くないという事です

 

好ましい栄養の量が、ドックフードに含まれていることが愛犬(柴犬)の健康のためになりますので、何かを抜く何かが多いというのは、あまり良いことだとは思いません。

 

でもグルテンフリーになっていることは、さほど栄養の影響はないので、個人的には、あってもなくても、どちらでも良いと思っています。

 

 

ではどのようなドックフードが柴犬におすすめなの?

 

柴犬にオススメできるドックフードについてです。

 

  1. 無添加
  2. 遺伝子組み換え食品を使っていない
  3. 栄養のバランスが良い
  4. 日本犬に合う素材が使われている

 

このようなドックフードが選ぶときの基準になってくると思います。

 

さらにこだわっていくと、素材がどのような環境化で育ったのか、調理方法はどのようにされたのかなども大事になってきます。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る