トップへ戻る

柴犬にグレインフリーのドックフードは健康に良いの?

小麦とお米,ドックフード

 

柴犬にグレインフリーのドックフードは、本当に役立つの?という事で、この件についてです。

 

グレインフリーとは、穀物不使用のことを意味していて、穀物は何を指すのかというと、デンプンを持っていて、なおかつ種を食用とするものとなっています。

 

具体的なものでいうと、米、小麦、大麦、ライ麦、燕麦、あわ、ひえ、豆、きび、とうもろこし、モロコシなどです。

 

これらを食べないことで、犬の健康に良いかも?という事で、穀物不使用のドックフードも流行りつつあります。

 

特に外国産のドックフードは、この傾向が強く多いと思います。

 

でも中には、犬にお米や穀物を与えて長生きした犬もいるし、必ず穀物不使用が健康に良いことではないのでは?という疑問を持つ人も多くいる事も確かな事です。

 

という事で、現実はどうなのかについて、その詳細についてです。

 

 

グレインフリーのドックフードは何のメリットがあるの?

 

最初にグレインフリーのドックフードにすることで、どんなメリットがあるのかです。

 

一般的言われているのは、この2つのメリットです。

 

  • 消化を良くすることができる
  • アレルゲンを省くことができる

 

この2つの事がメリットされ、穀物不使用の方が健康に良いのでは?となっています。

 

穀物不使用は消化を良くすることができる

 

柴犬に限らず犬は、穀物の消化を不得意としているので、その消化の悪いものを取ることで、犬への負担になるので良くないとされています。

 

そのため穀物を入れない方が愛犬のためになる!という事で肉の量が増えたドックフードが増えたことになります。

 

という事が広がって、それが認識のようになっています。

 

 

アレルゲンを省くことができるのでメリットがある

 

そして穀物の中には、アレルゲンを多く持つものがあるので、食品からくるかゆみなどの皮膚トラブルになりやすいという懸念から、グレインフリーの方が良いとされている傾向にあります。

 

この2つの理由から穀物不使用の方が犬の健康に間違いない!となっているわけです。

 

でも何でもない犬が普通に多くいることは確かなことで、ここに矛盾がでてきます。

 

じゃなぜ穀物を食べてきた犬は長生きしていつまでも健康でいられたの?」という矛盾です。

 

 

犬は穀物を消化することができるけど多過ぎるのは良くない

 

実は犬は、穀物を普通に消化することができるようになっていますが、それを中心としてしまう事が問題なだけになっています。

 

ドックフードに含まれている穀物は、そのままの形でなくて熱と見ずを加え消化しやすいように細かく砕かれています。

 

そのため肉にしても穀物にしても普通に消化することができます。

 

消化を助けているのがドックフードという事にもなります。

 

ただ肉をそのままの形、または穀物をそのままの状態で与えると、肉の消化は良いけど、穀物の方が未消化になりやすいいう事になります。

 

ただ手作りのフードから比べると、ドックフード自体の消化には負担はあります。

 

また柴犬については、魚と穀物を食べて日本で長く育ってきましたので、他の犬種とは違い、穀物の消化を他の犬種から比べて得意としています。

 

下記にそのことが詳しく記載されています。

 

柴犬に合うドックフードの選び方!子犬からシニア犬まで

 

 

そのため柴犬にとってはグレインフリーでも、そうでもなくてもこの段階ではどちらでも良いという事になります

 

生物学的に例えば玉ねぎやチョコレートなど有害なものを除いて、何でも食べることができる方が一番だと思います。

 

でも普段から肉食で、穀物を全く食べていないという事であれば、いきなり食べても腸内がびっくりする事になるので、便がゆるくなったりする事もありますので、もし与えるのであれば、少しずつの方が負担が少ないと思います。

 

 

グレインフリーの方が食物アレルゲン対策になるのは本当?

 

そしてグルテンフリーのドックフードにすることで、アレルゲンをできるだけ省くことができるので、これが良いとされていますが、これはある意味で本当の事です。

 

ただアレルゲンとは、基本的にどの食品にも含まれているので、何に反応するのかは本当のことはあまり良く分かっていません

 

肉でいうと豚肉や鶏肉、ラム肉、牛肉などにも反応することがあるし、乳製品、また穀物に反応する柴犬もいます。

 

この場合は、反応したドックフードを一度辞めて、アレルゲンが少ないものに変えて、そして様子を見てからまた疑われるフードを与えて反応がでれば、食物アレルギーと判断されますので、その反応したドックフードを変えるだけで解決する事になります。

 

食物アレルゲンの対策は、すでに何かしらの反応がある愛犬(柴犬)の対策方法であって、また最初から気にするのであれば、穀物だけを省いてもあまり意味がありません。

 

全体的なことから考えていかないといけないという事です。

 

穀物以外に反応しやすいといわれる肉から乳製品、その他の素材すべてに対して考えていかないと、気休めになってしまいます。

 

栄養価があることは間違いありませんので、無理をして省く必要もなく、また省いていたとしても、そのドックフードがしっかりと犬の栄養を満たせているのかどうかが大切な事になってきます。

 

 

グレインフリーでないドックフードを与えることのメリットは?

 

そしてグレインフリーでないドックフードを柴犬に与えることのメリットとしては、やはり高い栄養価を得ることができる事だと思います。

 

そして柴犬に多いカビやダニ、または花粉、そしてアトピーですが、これらに良い食べ物が、実は穀物でもあるお米だとも言われています。

 

人間の場合は、味噌や漬物、ヨーグルト、ご飯、塩なども良いとされています。

 

こうしてみると分かると思いますが、腸内に良いものが多いことが分かります

 

人にも多いアレルゲンが原因の花粉なんかもそうですが、腸内の健康が影響して花粉に反応する人が増えたとされています。

 

実はこれは犬にも当てはまるところあって、要するに、柴犬に多い皮膚のかゆみの原因の根本になっているのは、遺伝や環境の変化、ストレスなどもありますが、腸内の環境の乱れが指摘されています。

 

そして獣医師の方が実際にした経験からでは、穀物を食べた犬の方が、かゆみが止まって、体の調子が良くなったとの声を多く聞きます。

 

実はこれは皮肉なもので、一般人の飼っている人でも多く、そのような声を聴きます。

 

実際に日本で販売されているドックフードで、犬の健康を考えた気遣いされるものは、肉の配合もありますけど、どれも穀物が使用されているものが多いのが事実です

 

柴犬にとっては、どちらにしても馴染みのある素材になるので、あまりマイナスになるような要素はないと思います。

 

ただ海外産のものになると、肉中心になって、肉が良いという事で、それを強く宣伝していますが、日本犬の体質には、ちょっとだけズレがあると思います。

 

柴犬にとってベストなドックフードは、肉も穀物も野菜も他の栄養も入っている事が一番好ましいと思います。

 

でも必ずそうだとは言い切れないところがありますが、メリットを感じている人がいることは確かな事です。

 

でも何でも食べることができる状態が本当の健康だと思います。

柴犬,ドックフード,おすすめ,ランキング

 

柴犬,ドックフード,無添加,おすすめ

スポンサードリンク

トップへ戻る